パソコンを手放す時にやっておきたい!「データの処分方法」3選

1dbb30e6f13742bae57a65f02ccb95b9

パソコンを所有している人が増えてきましたが、それにともない、パソコンが壊れたから処分したい、新しいパソコンが欲しい、と考えることもあるのではないかと思います。 しかし、パソコンにはハードディスクやSSDといった、データを保存しておくためのパーツがあります。個人情報等の流出を防ぐためにも、正しく処理する必要があります。 パソコンを手放す時の、データの処分方法をご紹介いたします。

■パソコンを手放す時は、データを完全に削除してから

パソコンには、ハードディスクやSSDとよばれる、データを保存しているパーツがあります。パソコンを廃棄する際は、ハードディスクやSSDに書き込まれたデータを消去する必要があります。
なぜかというと、パソコンのハードディスクやSSDに書き込まれた内容は、メールのアドレス帳や写真などの個人情報、インターネットの「お気に入り」登録の内容や閲覧履歴、お仕事関係の他社に見せられない書類など、流出させたくない情報がたくさんあると予想されます。
しかし、ハードディスクやSSDのデータを完全に消去することは簡単ではありません。例えば、データをごみ箱に捨て、ごみ箱を空にしても、ファイルの復元が可能です。
また、ソフトを使って初期化したり、付属のリカバリソフトで工場からの出荷状態に戻したとしても、一見データが見えなくなっているだけで、データ復旧ソフトを利用すれば、解読することができてしまいます。

■パソコンのデータを消去する3つの方法

①専用ソフトを使う

簡単に言うと、今あるデータに、別のデータを上書きしてしまう、という方法です。専用のソフトウェアを使用し、ハードディスクの中身を書き換えてしまいます。
最近は、データ消去専用のソフトウェアの値段も下がり、敷居も低くなってきました。ハードディスク丸ごと消去するのではなく、特定のデータだけをどんどん消去させることができるソフトも販売されています。

②パソコン廃棄専門業者に依頼する

インターネットで簡単に「パソコン廃棄専門業者」を調べることができます。送料もかからず、無料で行ってくれるパソコン廃棄専門業者さんが増えてきました。
パソコン廃棄専門業者さんでの方法は、ハードディスクやSSDを物理的に破壊させるか、強い磁気によりデータを消去する方法で行っているようです。
別途料金がかかりますが、ハードディスク内のデータ消去の証明書も発行してくれる業者さんもいらっしゃいます。あらかじめ、費用や条件など調べてから依頼すると安心です。

③店舗に持ち込み、物理的に破壊

大手家電量販店さんの中には、ハードディスクを持ち込むと、ハードディスクに穴をあけて物理的に破壊してくれるサービスを行っているお店があります。料金は1台1,000円程度で、十数秒で破壊されます。
自分で取り外しができない人はパソコンごと持っていくと、店員さんが取り外してくれます。(※取り外し料金別途500円程度かかります)
ご自分でハンマーなどを使って破壊させるのは、けがをする可能性があり、非常に危険なので絶対にやらないようにしましょう。

今回は、パソコンのデータを処分する方法を3つご紹介しました。パソコン本体が壊れていても、ハードディスクやSSDなどのデータが保存されている場所は、故障していないという可能性もあります。処分したり、買い替えなどで手放す時には、必ずパソコンに保存されているデータを読み取れない状態にしてからにしましょう。

この記事を書いた専門家:澤田 真美子

9ef526214ff32e2a6f7a014f4078951b めんどくさがり屋さんにピッタリなお片づけ♪
デジタル収納アドバイザー。PCやスマホ等を使った整理収納、簡単にできるデータの管理方法をお伝えします。
ブログ:人生の半分は整理整頓である


cataso

A45c7111dfc2f575fad594513050005e お片づけで毎日を笑顔に!物であふれた時代のすっきりライフ。人・モノ・くらしをつなぐブログメディア

こちらの記事も人気です

「備え付けの収納スペース」細長い形状のクローゼットの使い方は?
キッチンはママの聖域?クッキングパパと仲良く折り合う「整理収納」とは

クックパッド編集部

「トレンド・旬」 アクセスランキング (毎日6:00更新)