コーラでわかる!砂糖と甘味料の味の違いを科学的に解説

43c8ec97df4873410465f11bf5c7ee8e

砂糖と人工甘味料はどう違う?

王道ジャンクフードのお供、コーラ。元々アメリカで薬として作られたコーラは、今では誰でも気軽に飲める炭酸飲料となりました。最近では、健康上の理由から、砂糖ではなく人工甘味料を使ったカロリーオフのタイプも人気ですね。

ところで、砂糖人工甘味料では、味の強さや後味の長さが異なると言われています。実際はどんな風に違うのか、あなたはご存知ですか? 今回は、普通のコーラとカロリーオフのコーラの味覚測定を通じて、砂糖と人工甘味料の違いを数字で説明してみます!

普通のコーラとカロリーオフコーラの成分の違い

今回分析対象とした砂糖入りの「普通のコーラ」「カロリーオフコーラ」に含まれている成分は以下の通りです。
▪︎普通のコーラ:糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、カラメル色素、酸味料、香料、カフェイン
▪︎カロリーオフコーラ:酸味料、カラメル色素、香料、甘味料(アスパルテーム・L−フェニルアラニン化合物、アセスルファムカリウム、ステビア、スクラロース)、カフェイン
このように、両者の成分は甘味成分のみが異なっています。

さらに、カロリーを比べてみますと、
▪︎普通のコーラ:45kcal(100mLあたり)
▪︎カロリーオフコーラ:0kcal(100mLあたり)
となっており、砂糖を使っているコカコーラにはカロリーがあることが確認できます。 これを念頭に置いた上で、味覚を分析してみましょう!

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、週6回編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

「コラム」 アクセスランキング (毎日6:00更新)