cookpad news
節約レシピ

食材をムダにしない!一人分の買い物テクニック&保存術【ひとり暮らしマニュアル2】

ひとり暮らしの料理でつまずきがちなのが、買い物。スーパーには旬野菜や特売品など、手にとりたくなるものがたくさん並んでいますが、ちょっと待って! 無計画に買うと、使い切れずにもったいないことになる可能性が。そこで今回は、ひとり暮らしの買い物で気をつけたいポイントや、買った食材をムダにしないための保存方法をお伝えします。

節約のためにも、買った食材はきちんと使い切りたいですよね。でも、一人分の量の食材をうまくやりくりするには、買い物の仕方や保存術など、ちょっとしたコツが必要なんです。クックパッド特売情報チームに聞いてみましたよ!

買う前にチェック!ひとり暮らしの買い物テクニック

スーパーではこんなところに気をつけると、食材をムダにしない買い物ができますよ!買う前にぜひチェックして。

安くても必要以上の量は買わない

旬の野菜などは、大量に入ったものや、半分よりも丸々買った方が安い場合が多いもの。ですが、一人分の料理に使う量は案外少ないので、使い切れる量かを冷静に判断して。少々割高でも、結果的に小分け売りの方がお得なことも。

買う前に料理できる食材か考える

いくらお得でも、調理できなければムダになる可能性大! 食材を手に取ったらまず、何を作るかイメージしてみて。レシピを見て初めてチャレンジする食材などは、少量から購入するのがおすすめです。

日持ちするもの、しないものをバランスよく

じゃがいもなどの根菜類は保存がきくのでたくさん買っても常備しておけますが、葉物野菜は傷むのが早いので数日のうちで使い切らなくてはいけません。日持ちしないものばかり買ってしまうと、一気に調理しなくてはならい事態に! それを避けるためにも、保存できるものとできないものを上手に組み合わせて。

缶詰、乾物は把握できる分だけ

長期保存がきく缶詰と乾物は、ひとり暮らしではぜひ活用したい食材。ただ、たくさん買い込みすぎると保存場所に困るうえ、気付いたら賞味期限切れに、なんてことも。把握できる分だけにしておいて、使ったらストックするように心がけて。

「お買い得商品」を活用しよう

閉店が迫る時間帯に行くと、お惣菜やお肉、お刺身など割引きになるものも。また、おいしく食べられる期限を記した「賞味期限」が近くなって値下がりしている商品はお買い得ですが、食べても安全な期限を記した「消費期限」が迫ったものはすぐに食べなくてはいけないので違いに注意して!

*近くのスーパーやお店の価格をチェックしてみよう!>こちら

保存できるものとできないものを区別しよう!

買い物から帰ったら、その食材にあった方法で保存を。何が日持ちして何が傷みやすいかを知って、正しい保存方法をとりましょう!

日持ちしやすい食材

じゃがいも、にんじん、たまねぎ、大根、ごぼうなどの根菜類。常備しておくと便利なじゃがいもは、新聞紙に包んで冷暗所においておけば通常2〜3週間程度は保存可能。その他、キャベツ、白菜、ピーマン、ねぎなども比較的日持ちします。

日持ちしにくい食材

ほうれん草や小松菜などの葉物野菜のほか、これから旬を迎えるなすやトマト、きゅうりなどの夏野菜も水分が多い分日持ちしにくい食材。買ったらなるべく早く食べ切りましょう。

夏野菜をたくさん食べるなら!



すぐに食べないものは冷凍保存を!

買ってもすぐに食べないものは、冷凍してしまうのも手。肉、魚、野菜から納豆まで、 実は結構いろいろ冷凍できるんです!

冷凍する際は、1回で使う分にわけ、空気に触れないようにラップで包んで。肉などはスーパーで買ってきたトレイのままなんてのはNG! 面倒ですが小分けにして包みなおすことで、味が落ちずに保存できます。野菜は茹でて切るなど、下ごしらえまで済んだ状態で冷凍庫へ。また、食材だけでなくスープやハンバーグなどの調理済みのものも保存可能です。
クックパッドで「冷凍×保存」で検索すると、いろいろな食材の保存方法が投稿されているので、参考にしてみてくださいね。 「冷凍×保存」の検索結果>

取材協力

クックパッド特売情報

全国のスーパー・商店街の特売情報が大集合しているクックパッドの特売情報。 「登録すると近くのスーパーのお買い得情報もゲットできます。今回紹介したもやし、かつおたたき、ちくわ以外にも地域によってよりお買い得なものがあることも多いもの。ぜひチェックしてみてください」(特売情報・担当者)

一人暮らしの大学生に朗報!大学生限定最大18ヶ月プレミアムサービスが無料になる、クックパッドの「学タダ」知ってる?

シェアする