cookpad news
コラム

【10月の行事】親子で語ろう・ハロウィンは日本にもあった!?

日本には昔から行われてきたさまざまな習わしや行事があります。子どもにもぜひ伝えていきたいですよね。親子で語る季節のお便りシリーズ、10月は近年日本でもおなじみになったハロウィンついてお届けします。ぜひ、お子さんに読み聞かせしてあげてください。

10月31日はハロウィン!

「トリック・オア・トリート」って知っているかな? そうだね、ハロウィンのときの合言葉だね。日本語で言ったら「お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ」って感じだよ。
ハロウィンはもともと日本の風習ではなく、ヨーロッパというところのお祭りだよ。秋には畑からいろいろなものがとれるのはあちらも同じ。それに感謝してお祭りをするんだって。それが日本にも伝わって、行事として楽しむようになったんだよ。

なんでお化けの格好をするのかな?

ハロウィンにはいろいろな仮装をするね。お化けの格好が多いかな。中でもかぼちゃのお化けが有名だけど、あれの名前は「ジャック・オ・ランタン」って言うんだよ。
ハロウィンは日本のお盆みたいに、亡くなった人の魂がやってくるんだって。でもそのとき悪い魔女たちやお化けも一緒に来ちゃうんだ。そんなお化けたちを追い払うために、仮装しておどかしたんだ。そして、そんなお化けたちに帰ってもらうためにお菓子を渡すんだよ。だから、お化けにばけた子どもたちはお菓子がもらえるんだね。

日本でも収穫をお祝いする行事がたくさん!

畑で取れた野菜や果物に感謝して、日本では秋祭りがいろいろ行われるよ。そのひとつが「十日夜(とうかんや)」で、子どもたちが夜いろんな家をまわってお餅をもらう行事なんだ。
お月見の日のお供えを子どもたちが勝手にもらっていってもいい、という地域もあるんだって。
日本にもハロウィンと似た行事があっておもしろいね。

おうちの方へ

欧米ではおなじみのこの行事も日本にはいってきたのは近年のこと。それがいまや10月31日には、大人も子供も楽しめるハロウィンイベントが各地で開催されるようになったり、10月に入るとハロウィン仕様のパッケージのお菓子がスーパーやコンビニの店頭に並んだりするのが、あたりまえの光景になりました。
子どもにとってはお菓子をもらえるうれしい日でもあります。ハロウィンの由来を伝えながら、いろんな文化に触れる楽しみを親子で味わってみてはいかがでしょうか。(TEXT:松崎祐子)

シェアする