cookpad news

【クックパッド特売情報】春菊のキホン

野菜ソムリエからのポイント

春菊は11月〜3月が旬で、肌寒くなってきた頃に美味しくなる野菜です。春菊は、胃腸の調子を整えたり、骨を丈夫にするミネラルが豊富で、健康維持も期待でき栄養たっぷりの野菜です。実は、サラダに入れたりと生野菜としても楽しめるお野菜なんです!今日は生でも食べられる基本の下ごしらえをお伝えします。

スーパーで買うときのポイント

葉がみずみずしく、色が濃いものが新鮮です。茎が太すぎず、茎のしたの方にもよく葉がついているものを選びましょう。葉が黄ばんでいたり茎が堅いものは避けてくださいね。

よく洗ってから使いましょう

生で食べる場合は、しっかり洗います。葉の裏側に汚れが付着していることがあるので、ひとつひとつ丁寧に洗います。その後にたっぷりの水で10分程度さらすとアクが抜けます。風味が抜けてしまうので、さらしすぎないようにご注意を。

包丁は使わずに手でちぎります。

つまむようにしてポキっとちぎりましょう。

葉と茎に分かれました。茹でるときは茎を先に茹でて、柔らかさを調節します。

保存方法

乾燥に弱いので、湿らせたキッチンペーパー等で根元を巻き、ビニール袋やポリ袋に入れて冷蔵庫にたてて保存しましょう。 茹でた春菊は冷蔵庫で2〜3日保存可能です。 また、冷凍保存する際は硬めに茹でてしっかりと水気を切り、ラップやフリーザーバックで包みましょう。

こんなサラダはいかが?

ベーコンやニンニクにも負けない風味を楽しめます!

あなたの近くのお店で『春菊』の特売情報を早速チェック!

監修: 貞包絵里奈

野菜ソムリエ。主に旬の野菜や果物を中心に、選び方・保存方法などのお役立ち情報を分かりやすくお届けします。

いつもの買い物を便利に、楽しく。チラシ情報やチラシに載らない特売品も無料で見ることが出来ます。

シェアする