いまブームのフレンチトーストやカップケーキにも合う!!5月10日は黒糖の日

9c80ff753ace7bdd6a2adcd376b07db3

「5(こく)」「10(とう)」の語呂合わせから、今日は『黒糖の日』。使う人と使わない人、結構分かれる調味料かも知れませんが、素朴な甘みの魅力を理解すれば、きっと使いたくなりますよ!

ビタミン・ミネラルが豊富で、近年は化粧品の原料にも!

砂糖の種類は大きく分けて、「分蜜糖」と「含蜜糖」があります。 「分蜜糖」は、さとうきびの搾り汁から「糖蜜」という成分だけを取り分けて精製したもので、【上白糖】【三温糖】【グラニュー糖】になります。
それに対して「含蜜糖」は、さとうきびの搾り汁の全成分をそのまま煮詰めて濃縮して作る砂糖で、【黒糖】や【和三盆】がその代表。そのため【黒糖】には、さとうきびが持っているミネラルやビタミンが豊富に残っているので、決してカロリーが低いというわけではありませんが、“ヘルシーな甘味料”といわれます。
近年ではその天然ミネラル成分が美肌に役立つということで、黒糖を配合した洗顔石鹸などのスキンケア商品が人気を集めています。ナチュラル志向の現代にマッチする、温故知新の調味料が【黒糖】なんですね!

かりんとうは、やっぱり“黒”でしょ!

黒糖のお菓子と言われて思い出すもの、それはやっぱり日本の伝統菓子「かりんとう」ではないでしょうか?伝統菓子とは言ってもいまも人気は根強く、たとえばスカイツリーのある『東京ソラマチ』(墨田)や『ヒカリエ』(東京・渋谷)、『あべのハルカス』(大阪)など、近年できた新スポットにもかりんとう専門店が出店していて、創意工夫を凝らした味わいのかりんとうが並んでいます。そこにある、辛いもの、しょっぱいもの、洋風フレーバーもそそられる味ですが、そもそも、かりんとうが庶民の味として定着した原点の味は、東京・浅草のお店が売り出した“黒糖をたっぷりまぶした味”!やっぱり、王道は外せませんよね。

この風味、この食感♪間違いなしです!!

おうちで簡単!正統派の黒糖かりんとう。 by ∴nico
話題入り感謝♪オーソドックスなかりんとうがおうちで作れます。形も硬さも食べやすく、甘さも控えめ♪

流行スイーツも、黒糖フレーバーで!

パンケーキのブームもまだまだ継続中ですが、今年のスイーツブームを盛り上げるものといったら、断然「フレンチトースト」と「カップケーキ」!!どちらも黒糖フレーバーがよく合いますよ♪ぜひ、お試しあれ!

バナナと黒糖とシナモンのコラボ、絶妙です♪

❀私の好きな黒糖バナナケーキ❀ by ranmao☆
ホットケーキミックス+サラダ油使用~シナモン香る♬しっとりバナナケーキ♥写真材料変更しました

ひと晩漬け込むと、ふっくらジュワ~がたまりません!!

休日の朝ごはんに❤︎フレンチトースト by gomameco
一晩寝かせるだけで ふっくりジュッワ〜 なフレンチトーストが簡単に焼けます!

(TEXT:大河原裕美)

クックパッド編集部

「コラム」 アクセスランキング (毎日6:00更新)