cookpad news
トレンドレシピ

まだ食べていないなら急いで!季節限定!旬の豆ごはんを食べよう♪

初夏の味といえば忘れてはならないのが「豆ごはん」。和食というだけでちょっとハードルが高いと感じているかもしれませんが、実は簡単なんですよ。そしてちょっと苦手な人も多いのもこの豆ごはん・・・そんな方でも食べられる豆ごはんのレシピもご紹介していきます!

旬にしか味わえない!豆ごはんをおいしく食べよう

この季節限定のおいしい旬の料理で欠かせないのが、エンドウ豆(グリーンピース)を使った豆ごはん。冷凍のグリーンピースならいつでも手に入りますが、さやつきのえんどう豆で作るおいしい豆ごはんは今しか味わえません!
また、以前、豆腐百珍シリーズの記事でご紹介しましたが、えんどう豆にも大豆と同じ白米に足りない必須アミノ酸が含まれています。一緒にとることで、すべての必須アミノ酸がとれる最適な組み合わせなんです。
そんな豆ごはん、和食というだけでちょっとハードルが高いと感じている方もいるかもしれません。でも実は作り方はとっても簡単!おいしい豆ごはんの作り方をご紹介していきます!

豆を炊飯器に入れて炊くだけ!

いつものようにお米を研いで炊飯器に入れ、酒・塩を加えて水を目盛りに合わせます。そこに、さやから外したえんどう豆を入れて、一緒に炊くだけです!実はこんなに簡単にできるんですね!一緒に炊くことで豆の旨味がお米に吸収されるので、豆のおいしさを存分に楽しむことができます。

豆をぷっくりと仕上げるには??

豆ごはんを作ると、豆がしわしわになってしまったという経験はありませんか?豆を別に茹でてから、炊きあがったご飯と混ぜればぷっくりとシワのない豆ごはんができますよ!ポイントは、豆の茹で方。さやから出した豆を塩ゆでしたら、冷めるまで茹で汁の中につけておくこと!一緒に炊いてしまうより少し手間がかかりますが、こちらもぜひ試してみたいですね。

苦手な人でも食べられる豆ごはん!?

豆ごはんが食べられるこの時期を楽しみにされている方もいる一方で、「豆ごはんは苦手!」という方も多いですよね。苦手な理由はえんどう豆特有の風味や食感のよう。別の食材も一緒に炊き込んだり、豆を刻んで炊いてみると苦手な人でも食べやすい味や食感になります。ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

桜えびの香ばしさで豆臭さが気にならない!

刻めば豆の食感が苦手な人もOK

栄養も豊富で簡単に作れる豆ごはん。もうすぐシーズンが終わってしまうので、まだ食べていないという方はお早めにどうぞ〜!!

シェアする