この時期こそ注意が必要!「熱中症」予防レシピとは?

364659efa025679cdaca0dfe07c17b25

気温が上がってくると気をつけたいのが熱中症。まだまだ先の話だと思っていませんか?5月後半のこの時期だからこそ注意が必要な熱中症と効果的な予防策についてまとめてみました。夏本番に向けて今から準備しておきましょう。

今から注意が必要な「熱中症」とは?

体温調節機能のバランスが崩れてしまい、どんどん身体に熱がこもって体温が上昇してしまう熱中症。真夏など気温が高い時だけに発症すると思われがちですが、実は気温や湿度が急激に上昇するこの時期こそ注意が必要だということを知っていましたか。まだまだ平気だと油断していると、熱中症になってしまうことも。この時期ならではの熱中症の特徴と、その予防のために日常生活で心がけたいことを、専門家が選んだ目的別レシピ内の熱中症レシピを監修・選定したクックパッドの管理栄養士に聞いてみました。

なぜ今こそ熱中症対策が必要なの?

実は疲労がたまりやすい季節

5月後半のこの時期は急に気温上がるため、身体がまだ暑さに慣れておらず、体温をうまく調節できません。また、5月病に代表されるように、新生活の疲れが出やすく、疲れがたまりやすい時期でもあります。疲れがたまると熱中症を引き起こしやすくなるので、疲労回復に効果的なクエン酸を含む梅や酢、ビタミンB1が豊富な豚肉を積極的にとりたいですね。

疲労回復★ささみとオクラの梅だれ和え by Mimosa♡
2014.10.17.話題入り感謝♡酸味控えめの梅だれで食べ易く仕上げました。疲労回復やイライラ解消に!

疲労回復★簡単!かつおのゴマ酢和え by 朝まと
かつおの臭いが気にならず、美味しく食べられるゴマ酢和え。家の定番☆彡

オクラの豚肉巻き☆ネギ塩レモンだれ by ルクルーゼ☆
栄養満点なオクラを疲労回復効果の高い豚肉で巻き巻き♪グリルで焼いてさっぱりネギ塩だれでいただきます☆

湿度が高く、発汗での体温調節がしにくい

この時期は気温だけでなく湿度も高くなるため、汗が蒸発しにくく、身体に熱がこもりがち。人間の身体は汗を蒸発させることで熱を外へ逃がし、体温を下げるため、この時期にも熱中症に注意が必要です。

また、大量の汗によって失われる水分とミネラルを補う必要があります。とくに注意したいのがミネラルです。人間が生きていく上で必要な栄養素ですが、体内で生成することができません。そのため普段の食生活を通して摂取する必要があります。

かんたんミネラル補給に最適な食材って何だ?

よく「ミネラルを補う」といわれますが、ピンときませんよね。具体的に食材を思い浮かべられない!という人も多いのではないでしょうか。ミネラル補給といわれて注目したいのが、どの家にも少なからずストックしてある乾物です。ひじきや切り干し大根、干しえびなどお馴染みの乾物には、ナトリウム、カリウム、マグネシウムなど熱中症予防にぴったりなミネラルがたっぷり。手軽につかえて、ミネラル豊富な乾物で上手においしく熱中症対策しましょう。

栄養満点!大豆とひじきのサラダ by ゆうたま
抱え込んで食べるほど大好きなサラダです。

止まらない♪切干大根と挽肉のカレー炒め by boofoochee
300人&「妊すぐ」掲載♡ありがとうございます♫栄養満点の切干大根!ポリポリ止まらぬおいしさでご飯もビールも進みます♡


クックパッド管理栄養士が厳選した【熱中症予防レシピ】はこちら

クックパッド編集部

アクセスランキング (毎日6:00更新)