cookpad news

【海苔にワザあり!】子どもも食べやすい「恵方巻きおにぎらず」を作ろう!

毎日の料理が楽しみになるキッチングッズが購入できるオンラインショップ「クックパッドストア」が、おすすめグッズを紹介します。

今やすっかり節分の日の定番メニューとなった恵方巻き。
豆まきをした後は、家族で巻きずしを丸かぶり!というご家庭も多いのでは?
恵方巻きの具材は、卵や海鮮などお好きなものを入れて楽しむのも魅力ですが、七福神にちなんで7つの具材を入れるのが縁起が良いとされてます。

具材は「かんぴょう、キュウリ、椎茸、卵焼き」などが一般的ですが、子どもが食べやすい食材で作ってあげるのも楽しいですね。
丸かぶりがまだ難しい小さなお子さんや、お弁当にも節分気分が味わえるよう、今年は太巻きだけでなく7種の具材で「恵方巻きおにぎらず」を作ってみるのはどうでしょうか?

まずは一般的な7つの具材で!「恵方巻きおにぎらず」

材料:(2個分)
ご飯:150g(茶碗2杯ぐらい)
干し椎茸:3~5枚(※醤油・みりん・砂糖、各大さじ2)
かんぴょう:20g(※醤油・みりん・砂糖、各大さじ2)
卵:1個
穴子or秋刀魚の蒲焼き:1/2本
きゅうり:1/2本
三つ葉:1/4ワ
桜でんぶ:適量
焼き海苔:2枚

基本の下ごしらえ

干し椎茸は水で戻し、戻し汁と※の調味料で煮て、薄くスライスします。
かんぴょうは塩もみをし、10分ほどゆでます。 柔らかくなればザルに上げて、※の調味料で煮ます。

三つ葉は軽く茹でて、1/3にカット。キュウリは薄くスライス。穴子も食べやすい大きさにカットします。
卵は薄焼きにして、1/4にカットします。

子どもに優しいプラス一手間

具材が揃ったら、おにぎらず作りですが、ここで子どもでも食べやすい工夫を。
海苔を一枚使う場合、海苔が噛みきれなかったり、喉に詰まることも。この「パリパリのり切り隊」を使えば押すだけで172個の穴を均一に開けてくれるのです!
海苔に押し付けると「パリパリパリパリ!」とそれは気持ちのいい音がするんです。

穴開け処理をした海苔の上に、ご飯、椎茸、かんぴょう、三つ葉、桜でんぶの順に乗せていきます。

次に、薄切り玉子、きゅうり、蒲焼、最後にご飯を乗せて、海苔で包みます。

ラップに包み、少し馴染ませてから半分にカットします。
具材をのせる時は、カットする方向を決めておくときれいに仕上がりますよ。

太巻きで見慣れた具材も「おにぎらず」になるとまた新鮮な感じがしますね。

次は子どもも大好きな具材でチャレンジします。

おすすめ記事