cookpad news

【特売情報】節分豆が甘辛常備菜に!3ステップで完成♪

福豆とは、魔を「射る」ための「煎り」大豆のこと

節分の福豆とは「煎り大豆」のこと。なぜ「煎る」のかというと、拾い残した豆が家の中で発芽すると縁起が悪いとされていることや、豆で魔を「射る」という意味もあるそうです。「畑の肉」とよばれる大豆は、三大栄養素であるたんぱく質、脂質、炭水化物がバランスよく含まれ、カルシウムや鉄分なども豊富。美容や健康に良いとされるイソフラボンも有名ですね。余った節分豆は、常備菜にしておいしくいただきましょう!

スーパーでの選び方と保存法

粒の大きさが揃っていてふっくらとしているもの。できれば無農薬のものがおすすめです。湿気を避け、常温で保存しましょう。

節分豆が常備菜に!カリカリ甘辛煮をつくろう

[1]フライパンに煮干し(そのまま食べれるもの)を入れ、乾煎りにする。 一度フライパンから取り出し、残った粉などを拭きとってをきれいにする。

[2]フライパンに調味料を入れて軽く沸騰させる。 煎り大豆と煮干しを加え、弱火で煮汁がなくなるまで煎る。 (調味料の割合は、醤油2:酒1:みりん2が目安)

[3]お皿に盛り、白ごまをかけて完成!

余ったら保存瓶に入れて冷蔵庫へ♪

余った分は保存便などに入れ冷蔵庫にいれておくと約1週間ほど持ちます。 子供のおやつに、大人のおつまみに重宝する一品です。

節分豆でつくる常備菜いろいろ!

あなたの近くのお店で『節分豆』の特売情報を早速チェック!

監修: クックパッド特売情報

いつもの買い物を便利に、楽しく。チラシ情報やチラシに載らない特売品も無料で見ることが出来ます。

シェアする