ビタミンCたっぷり!美肌のために【はっさく】を食べよう!

Fa6d16818de843af7029d714138d3d1a

クックパッドが運営する【おいしい健康】は、健康や美容に気遣う女性・糖尿病や高血圧など生活習慣病が気になる方向けに、健康的でおいしい食事をご紹介。管理栄養士が旬の食材記事をお届けします♪

爽やかでツブツブとした果肉が魅力

はっさくは日本原産の柑橘類です。適度な甘さとすっきりとした酸味があり、ほのかな苦みも感じられます。果汁はそれほど多くありませんが、果肉の粒がしっかりしていてプリッとした食感が楽しめます。今回は生食でもサラダにしても美味しいはっさくについて、栄養から保存方法まで詳しくご紹介します。

はっさくの栄養と健康効果!

はっさくには抗酸化作用が期待できるビタミンCがたっぷり含まれています。生食する機会が多いため、熱に弱いビタミンCを効率的に摂ることができるオススメ食材です♪ビタミンCは抗酸化作用のほかにも皮膚の健康維持やストレスを軽減する効果があると言われており、酸味の成分であるクエン酸にはエネルギー代謝や疲労回復を助ける働きがあります。さらに、ビタミンCとクエン酸には鉄やカルシウムなどのミネラルの吸収を高める効果もあるため、これらの栄養素を含む食材との食べ合わせも◎。
この他にも苦味の成分であるナリンギンは、毛細血管を強化したり血流の改善や抗アレルギー作用があるといわれています。

選び方のポイント

皮の色が濃くて張りとツヤがあり、ヘタの部分が枯れていないものを選びましょう。そして、手に持ったときにずっしりと重みのあるものが良品です。また、香りも重要な要素です。爽やかな香りの中に甘い香りがあるか確かめてみましょう。

調理のポイント

はっさくの果皮は厚みがあるので、ナイフで切り込みを入れるとむきやすくなります。薄皮もかたいのでむいた方が美味しく食べられます。すっきりとした味わいのはっさくは、オリーブオイルや塩との相性がよくサラダやカルパッチョの材料にも最適です。さらに、酸味や香りは薄味の物足りなさを補ってくれるので減塩効果も期待できます。また、皮を砂糖漬けにしたはっさくピールを作るのもオススメです♪

6ab525ffc59b7b7b628f634199025d87

保存の方法

はっさくは12月頃から収穫されますが、美味しい食べごろの旬は2~4月
乾燥を防ぐために新聞紙に包んで冷暗所で保存します。酸味が強いと感じるときは、数日おいておくと酸味がやわらぎます。室温が高いときはポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。

旬のはっさく、そのまま食べたりデザートやサラダにしたり、いろいろなレシピで美味しく味わいましょう!

はっさくのおいしい健康おすすめレシピ

C7b7ecb5e1ae0a170d245b9dc0f05c82
春キャベツと八朔のサラダ by bobbyチャンネルさん
八朔とキャベツの爽やかサラダ。八朔の苦味成分であるナリンギンは、高血圧を抑える働きがあると言われています!

1970b325bc613943e429f3136147f0b2
はっさくとりんごの美肌サラダ♡ by ぷるベリーさん
はっさくとりんごの甘みと酸味のバランスがよい、さわやかなサラダレシピ。ビタミン類がバランスよく含まれる一品です。

E6366e4ecb3600a6e39cd6f07d064305
デザートに♬簡単!!はっさくゼリー♬ by kinuちゃんさん
爽やかな酸味が美味しいゼリーです。抗酸化作用のあるビタミンCを多く含みます。風邪予防や、疲労回復にも効果的です。


4343cafe5d6e84f55d1428d7e68dbf9f クックパッドおいしい健康
管理栄養士が監修し、からだがよろこぶ美味しい人気レシピを厳選しました。1回の食事で何をどれだけ食べるべきかを知り、好きなレシピを選んで自分にぴったりの献立を作ることができます。

クックパッド編集部

アクセスランキング (毎日6:00更新)