cookpad news
裏ワザ

【保存法】葉物野菜は濡らしてから新聞紙に包めば長持ちする!

ほうれんそうやレタスなどといった葉物野菜は、栄養が豊富なだけでなく、見た目も華やかにしてくれますね。でも、余ったものを保存しようとしても、すぐに傷んでしまうことも…。そこで、今回のすごい保存法がオススメ!…新聞紙の力で葉物野菜を長く保存できるんですよ〜♪

今回の保存法はコチラ!

まず濡らしてから新聞紙で包むだけ!

1.まず、葉物の野菜を購入したら、すぐに全体を水洗いします。根部分のテープや、傷んでいる箇所は取り除きましょう。

2.次に、葉先を下にして、5分ほど水切りします。

3.いよいよ新聞紙を広げて、野菜を置いたら…。

4.隙間が空かないようにきっちりと包みましょう〜!あとは1つづつビニールに入れて冷蔵庫へ♪新聞紙に野菜の種類を書いておくと、使用する際にわかりやすいですね。

10日後の結果…!

こちらはなんと、10日後のほうれん草。新鮮な状態のまま保存できています!

このすごい保存法は、ほうれんそうや小松菜、水菜、レタス、白菜などでも使えます。新聞紙の保温保湿する性質が、葉物野菜の水分を保ってくれるのだそう。ぜひ試してみて、10日後のシャキシャキ感を味わいましょう♪(TEXT:八幡啓司)

シェアする