cookpad news
ランチ

【アレンジテク】冷凍餃子でも作れる「餃子キム玉」が美味しそう!

冷蔵庫にある餃子、今日はどんな風に食べる?

一度にたくさん作ることができ、毎日の料理を助けてくれる餃子!でも大量に作った餃子、みなさんはどんな風にして食べていますか?
もちろん毎回同じように焼き餃子や水餃子、蒸し餃子にして食べるのもいいですが、たまには違う食べ方もしてみたいですよね。タレを変えてみるという手もありますが、それにも飽きてしまうことも。
そんな時ぜひトライしてみてほしいのが、「餃子キム玉」!まるで卵焼きのような餃子の新しい食べ方に、ご飯はもちろんビールも進みそうです♪

パパッとできる餃子の新アレンジ♪

作り方はとっても簡単!卵にキムチを混ぜてとくだけで準備OK。餃子に火が通ったら、キムチ卵を流し込み、アルミホイルをかぶせてじっくり焼き上げて。できあがったら小葱を盛って完成です♪

ポイントは、焦げないように様子を見て焼き上げること

1、まずは卵を割って、キムチと混ぜましょう

2、食べたい分だけ餃子をフライパンに。火が通ったら、卵を流し込みます

3、写真のようになったところで、アルミホイルをかぶせます。焦がさないようにチェックを忘れずに!

一見卵焼きのような見た目ですが、餃子が入っているのでかなりボリューミー♪晩ご飯のメニューとしても最適ですが、ささっと出す、おつまみとしても活躍しそうですね。
もちろん冷凍餃子でも美味しくできるので、ふと食べたくなった時も挑戦できるのが嬉しい!キムチだけでなく、納豆などを一緒に入れても美味しそうです。好きなものを追加して、自分だけのバリエーションを増やしてみてはいかがでしょうか。

執筆:yomyon

東から西へ移動中。
食べることは、人と街を知ること。
日々、ぐるぐる探検中。

シェアする