cookpad news
メインおかず

子どもの「好き嫌い克服」にお役立ち!ピーマンレシピ7選

今も昔も子どもの嫌いな食材といえばピーマン。ビタミンCをたっぷり含む優秀野菜なので、できれば食べてほしい!そんな気持ちに答えて克服レシピをご紹介します。

どうして子どもはピーマンが嫌いなの?

ピーマンを嫌いな理由、そのほとんどが苦みです。子どもの舌は食べ物が安全かどうかを敏感にチェックしているため苦みは「毒かもしれない」という危険信号として感じてしまうのです。それ以外にも、見た目の緑色に拒否感を感じたり、固くて噛み切れないなど、子どもが苦手な要素がいっぱい。調理のポイントは、苦みを消すためにしっかり火を通すこと。また、食べやすさの工夫としては、とろみをつけるのも効果的です。

ピーマン嫌い克服レシピ

ふんわり優しい味の卵と合わせて!

食べやすくみじん切りにしてオムレツにイン!

刻む&とろみをつければ食べやすい!

パプリカと合わせてお肉でくるくる巻こう!

お肉の旨味とかぼちゃの甘さで食べやすい!

くたくたになるまで加熱して苦みゼロ!

定番のピーマン料理を焼き肉のタレで挑戦!

もっとピーマン克服のレシピが知りたいと思ったらこちら

ピーマンが食べられなくても、その他の食品で栄養分を補うことも可能。あまり気にしすぎて、子どもにプレッシャーを与えるのはよくありません。その気持ちが伝わり「嫌い」に繋がってしまっていることも。食材や調理法の組み合わせを変えて、いろいろ試してみてくださいね。

シェアする