簡単なのに、とびきりのおいしさ!【きほんの牛丼】

簡単なのに、とびきりのおいしさ!【きほんの牛丼】

割り下のしみた玉ねぎがアクセント

かんたんなのにおいしさはとびきり。すき焼き用のうす切り肉を、割り下であまからく煮込んだ本格牛丼です。割り下がしみた、玉ねぎの甘みがアクセント。家で作る牛丼がこんなにおいしいのかと驚くでしょう。中国料理の高級スープに、あまりにおいしそうな香りがするので修行僧ですら、堀を飛び越えて来る、佛跳牆(ぶっちょうしょう)という、ごちそうがありますが、そんな気持ちにさせるおいしい牛丼です。ぜひお試し下さい。

14cd7c9406c95ad3c4226fcec73b6ba2 具材は、牛ロース肉と玉ねぎと三つ葉だけ。シンプルさがおいしさの秘訣。

割り下はしっかり冷めてからしょう油を加える 

<材料>(2人分)

牛ロースうす切り肉…150g
玉ねぎ…100g(小さめ1個)
三つ葉…適量
みりん…100cc
日本酒…大サジ2杯
しょう油…大サジ3杯

<作り方>

1.割り下を作ります。鍋にみりんと日本酒を入れて、中火でひと煮立ちさせます。
2.鍋を火から下ろし、しっかり冷めてからしょう油を加えて、混ぜたら、出来上がりです。
3.玉ねぎを、センイに沿って5ミリほどのうす切りにします。三つ葉は、葉だけを使います。
4.一枚の牛肉を半分に切り分けます。
5.フライパンに、割り下を入れ、中火にかけ、玉ねぎを入れます。
6.玉ねぎが透明になったら、牛肉を加え、中火で10分ほど、返しながらしっかり煮詰めます。
7.盛りつけたご飯の上に、牛肉と玉ねぎをのせ、お好みで割り下をかけます。
8.三つ葉の葉をのせて出来上がりです。あったかいうちにお召し上がり下さい。

26db207e726857893107a78b21e3c4a5

文・写真:松浦弥太郎 

※こちらの記事は、ウェブサイト「くらしのきほん」内でも読むことが出来ます。この他にも、家事や料理、学びなど、暮らしに役立つ情報を、毎日ご紹介しています。


くらしのきほん

B8743a4586858638fb38eb3ffc7ee0c7 『くらしのきほん』は、食を中心に、暮らしの基本を学び、楽しみ、基本の大切を分かち合うウェブサイトです。時代が過ぎても、決して古びない、価値のある、暮らしの知恵と学びを発信していきます。トップページでは、1日3回「おはよう」「こんにちは」「おやすみなさい」の挨拶と一緒にメッセージを更新しています。

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、毎日編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

おすすめ記事

    「コラム」 アクセスランキング (毎日6:00更新)