cookpad news
トレンドレシピ

【子供が絶対喜ぶ!】余ったかき氷シロップで「グミ」ができた!

かき氷シロップから、ぷにぷにの"グミ"ができた!

ギラギラと日差しが降り注ぐ日に食べたいかき氷。 特に甘〜いかき氷シロップはいろいろなフレーバーを揃えたくなりますが、夏の終わりの時期になると余ってしまうことはありませんか。 そんな時は、かき氷シロップを使ってスイーツに挑戦! なんとゼラチンを混ぜるだけで、ぷにぷにのグミができちゃいますよ♪ それでは、作り方をご紹介します。

かわいい型で、ぷにっぷにのグミ★

かき氷シロップにゼラチンを加えたら、製氷トレーに入れて冷蔵庫で冷やせば完成です。 電子レンジを使うので、子供達でも簡単に作ることができるのがうれしいですね。 つくれぽ(みんなのつくりましたフォトレポートのこと)には、 かき氷フレーバーを使ったカラフルなグミがズラリと勢ぞろいしていますよ。

恐竜をモチーフにしたグミなら、子供たちも大喜び!

ハート型を組み合わせれば、まるでクローバーのようなグミになります。

型がなくても、ぷにっぷにのグミができた!

家にかわいい型がない・・と心配になっている人もご安心ください。 プラスチックの保存容器に流し込むだけでも、グミを作ることができます。 ナイフで切ったり、型抜きしたり、グミのアレンジも楽しめます。

ゼラチンの量を変えれば、固めのグミからやわらかめのグミまで、グミのかたさまで自由自在。 この夏は、かき氷の後に作るグミが、おやつの定番になりそうですね。

執筆:富田チヤコ

フードライター&コピーライター、管理栄養士
雑誌やWEBなどで、「健康」「食」に関する栄養コラムなどを執筆しています。 わかりやすく、食の楽しさを伝えます。

おすすめ記事