cookpad news
メインおかず

【大量消費】マンネリ食卓に!さっぱり食べられる「大葉チヂミ」はいかが?

薬味の定番・大葉の新しい使い道

夏は、大葉が旬の季節。お肉に巻いたり、薬味に使ったりと使い道もたくさんあり、安くて財布の負担にならないので、スーパーに置いてあるとつい手が伸びてしまいますよね♪また、大葉は育てやすいので、家庭菜園で育てて大量収穫したり、野菜栽培が上手なママ友からいただいたりするケースも多のでは? …とはいえ、普段は薬味として使う葉物なので、たくさんあっても消費できず困るということも。そこで今回は、大葉がおかずになっちゃうレシピをご紹介します!

粉もの料理でボリュームある一品に

薬味として使うことが多い大葉ですが、粉もの料理に混ぜることで、かさ増しにも!おすすめは、韓国料理として人気のチヂミと大葉の組み合わせ。 好みで大葉の量を調整できるので、大量消費も!具材を変えれば、味のバリエーションも楽しめます。ボリューム感も満点なので、食べ盛りのお子さまがいるご家庭ではおかずに間食に重宝しそう。レシピをチェックしてみましょう。

野菜いっぱい♪スタンダードな大葉のチヂミ

大葉と人参、玉ねぎを入れて♪カリカリ食感も美味しい~

濃厚+あっさりで食べやすい納豆&大葉入り

納豆の濃厚な味と大葉が調和して、食べやすい風味になりますよ。

モッチモチ食感がクセになる、じゃがいも入り

細切り大葉をまぜて。すりおろしじゃがいものモチモチ食感がクセになりそう♪

使い道は薬味だけだと思っていた大葉が、食べごたえあるおかずになるなんて!しかも大量消費もできて、まさに一石二鳥。大葉の新しい食べ方を、ぜひこの夏試してみてくださいね♪(TEXT:釜井知典/ライツ)

おすすめ記事