cookpad news
トレンドレシピ

いま、大ブレイク中の「塩レモン」の次は「塩トマト」!?

今、大ブレイク中の「塩レモン」。レモンの塩漬けを発酵させ、万能調味料としてさまざまな料理に使うことができます。時間をかけて浸けることで、まろやかになります。この「塩漬け」がブームになっている!?塩レモンならぬ「塩トマト」を発見しました。

「塩レモン」の次は「塩トマト」!?

今、大ブレイク中の「塩レモン」。レモンを丸ごと塩漬けにして発酵させたものを万能調味料として、さまざまな料理に活用しています。クックパッドでも【塩レモン活用レシピ】コンテストでレシピが続々投稿されていますが、驚くほどの幅広いアレンジアイデアに圧倒されます。

塩レモンは、レシピによって異なりますが、できあがるまでに数日から数週間の時間をかけます。漬けることで塩味やレモンの酸味がなじんで丸くなっていく味の変化の過程も楽しみにつながっているようです。そんな漬けるブームの兆しを裏付けるようなレシピを発見しました。

うま味たっぷりの完熟トマトでつくる「塩トマト」

このレシピがどんなふうに生まれたのか、レシピページで生い立ち欄を見てみると、「レモンに出来る事が、旨味たっぷりのトマトに出来ない事はないだろうと思い…(笑)」という記載がありました。確かに!

多くの人がおいしいと感じる要因のひとつに「うま味」がありますが、このうま味成分である、グルタミン酸やイノシン酸がトマトには数十種類も含まれているそうです。おいしくないはずがありません。

「塩トマト」はアレンジの豊富さも魅力

いくらおいしくても使い勝手がよくなければ、なかなか食卓には浸透しませんよね。でも、このレシピには、塩レモン同様「塩トマト」活用レシピがたくさん紹介されています。その一部を紹介します。

豆腐にそのままのせればイタリアン冷奴に

パパッと夏野菜の炒めものにも使える

鶏肉に塩トマトのうま味をを閉じ込めて

これだけ使えるとなると、早速試してみたくなりませんか?また、自分でもオリジナルの調味料の配合を考えてみたり、他の食材で塩漬けに挑戦してみたりと、アイデアが広がってきますね。次のブームを生み出すのはあなたかもしれませんよ!

おすすめ記事