韓国の定番おかず「チャプチェ」は、野菜を【1種類ずつ炒める】のがポイント!

韓国の定番おかず「チャプチェ」は、野菜を【1種類ずつ炒める】のがポイント!

V6のいのっちこと井ノ原快彦さん、有働アナウンサーらが、社会問題から生活実用情報まで、毎日ピックアップする「あさイチ」(NHK)。主婦の皆さんが一番気になるあさイチのテーマをクックパッドがレポートします。

春雨、牛肉、野菜の絶妙なコラボが美味しいチャプチェ。実は韓国では、お盆やお正月、誕生日など、お祝いの席で振る舞われることが多い料理なのだそう。今回は、そんなチャプチェの知っていそうで知らない、本格的な作り方をご紹介します。

チャプチェをマスターしよう!

11月2日放映の「あさイチ」(NHK)をご覧になった人はいらっしゃいますか?おなじみの料理コーナー「解決!ゴハン」で今回取り上げられたテーマは、「チャプチェ」。チャプチェと言えば、韓国のソウルフード的存在。味噌汁の味が家によって違うように、それぞれの家で味付けが微妙が違うチャプチェ。今回は一番簡単で、しかも本格的なチャプチェの作り方を、韓国料理研究家のジョン・キョンファさんから教わりました。

まとめて炒めるのはNG!?

緑豆春雨に熱湯を注いで戻します。だいたい6分ぐらい。芯がなくなったらザルにあげ、冷水で冷まし、水気をよく絞り、食べやすい大きさにカット。

次は具を作ります。牛薄切り肉は細切りにし、しょうゆ、砂糖、ごま油、おろしにんにくで作った合わせ調味料をイン。よくもみ込んだら、熱したフライパンで油をひかずに炒めましょう。肉汁が出てきたら、肉汁ごと春雨の入ったボウルへ。よく混ぜ合わせて、牛肉の肉汁を春雨に吸わせます。

次は野菜。玉ねぎ、にんじん、ピーマン、生シイタケ、さやえんどうはすべて細切りにし、ごま油で1種類ずつ炒め、塩コショウをしてボウルへ。まとめて炒めたりせず、1種類ずつ炒めるのが美味しさのポイントだそうですよ。
最後に全部混ぜ合わせ、すりごまを加え、塩とコショウで味を整えれば完成。

チャプチェは、すべての食材を一気に炒めると思っていた人も多いのでは?炒めたものを、最後にボウルで和えるというのは驚き。1種類ずつ炒めるなんて大変?と思いましたが、同じフライパンでどんどん炒めていけばいいので、案外ラクちん。

せっかくなので他にも似たレシピがないか?クックパッドで探してみましたよ。

パクパク食べられる~!

簡単なのに本格的♪チャプチェ by ぺくちん
次々と炒めてボウルに入れていくだけで、本格的なチャプチェが簡単に出来ます^^

しらたき&ひき肉でも〜☆

しらたきとひき肉のチャプチェ風 by rara1113
炒めてボウルにどんどん入れるだけ! しらたきともやしでかさましてヘルシー、ひき肉で節約に☆ 主菜になっちゃうかも!

手で優しく混ぜましょう♪

韓国人が伝授する本格チャプチェ by ミオク
いろんな野菜、お肉、韓国春雨が入った楽しい料理です。お肉、野菜、春雨を別々に味付けして炒め、手で優しく混ぜ合わせます。

いかがですか?味のしっかり染みたチャプチェは、白いご飯を何杯でもおかわりしたくなる美味しさ。ぜひ作ってみてください。 (TEXT:森智子)

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、週6回編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

「最新トピックス」 アクセスランキング (毎日6:00更新)