解説:熱中症に注意したいタイプ&なりやすい体調【熱中症対策⑦】

解説:熱中症に注意したいタイプ&なりやすい体調【熱中症対策⑦】

関東甲信も梅雨明け、いよいよ夏本番です! 連日の猛暑で熱中症の症例がぐんとふえており、ますます注意が必要です。じつは同じ気温や湿度、場所でも熱中症になりやすい人となりにくい人がいるのをご存知ですか? また、同じ人でも体調によっては十分注意が必要な場合があります。今回は特に注意が必要な人となりやすい体調についてお届けします。

こんな体調のときは熱中症になりやすいのでチェック!

ズバリ、体が次のようなコンディションのときは、ふだんよりも熱中症になりやすいので要注意!

□寝不足である。
□栄養バランスのいい食事をとれていない。
□二日酔いだ。
□下痢をしている。
□体調を崩している。
□朝ごはんを抜いた。
□夏バテしている。
□食事を抜かしがち。

人は暑いとき、汗をかいて体温を一定に保とうとします。ところが、上記のような体調だと、その体温調節機能がうまく働かなくなり、熱中症のリスクが高まります。体調がよくないときは特に、「暑いところで長時間過ごさない」「水分補給をまめにする」「涼しく過ごす工夫をする」などの配慮をしましょう。

熱中症になりやすい人とは

体調が万全でも、次の条件に当てはまる人は熱中症になりやすいといわれています。

子ども

子どもは体温調整機能が未熟で、体温が上がりやすく、下がりにくいので熱中症になりやすいのです。そのうえ、地面からの照り返しによって大人よりも高い温度にさらされているという状況にあります。また、夢中で遊んでいると体調の変化に気づきにくく、水分補給を忘れがち。赤ちゃんなどは自分で服を脱いで調整することも水分補給することもできないので、特に大人が気をつける必要があります。

高齢者

高齢者は若いころと比べ、体温調節機能が低下。汗をかきにくく、暑さを感じにくくなっていて、体温を下げるための体の反応が弱くなっていることが。そのため自覚がないまま熱中症になる危険があります。また、エアコンが苦手だったり節電を心がけたりして、室内でも熱中症になる人が多い傾向にあります。

持病のある人

高血圧、心臓病、慢性肺疾患、肝臓病、糖尿病などの内分泌疾患の人は、熱中症を起こしやすいといわれています。また、内服薬によっては発汗を抑制する作用や利尿作用など、体温調節機能を妨げてしまうことも。そのような持病や投薬がある場合は、かかりつけの医師に注意点を確認しておきましょう。

肥満の人

脂肪は熱を伝えにくく、皮下脂肪が壁になって体内の熱を発散しにくいため、体温調節がうまくできずに熱中症をおこしやすくなります。また、太っている人は運動不足のことが多く、普段から適度に体を動かしていないため、汗をかきにくくなり、暑さに体温調節が追いつかなくなっていることがあります。

涼しいところから急に暑い場所に引っ越したなど、暑さになれていない人も熱中症をおこしやすくなるので気をつけましょう。

熱中症はくせになるといわれますが、やはり熱中症にかかりやすい状況で過ごしていると繰り返してしまう人も多いようです。子どもや高齢者などは周囲が十分に気をつけることが大切です。(TEXT:松崎祐子)


<参考>環境省HP、厚生労働省HP

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、毎日編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

おすすめ記事

    アクセスランキング (毎日6:00更新)