cookpad news
裏ワザ

【傷みにくい】玉ねぎを“少量ずつ使う人”におすすめの保存方法!

ひとり暮らしでサラダやカレーを作る際に、玉ねぎを使いたい。でも、少量だけ使いたいけれど、余ったほうが傷みやすいからどうしよう…。というときに、便利な保存法があったのです。それは、包丁で切ってしまうのではなく、まず剥くことがポイントでした♪

傷がつかないので痛みにくい!

玉ねぎに包丁で切り込みを入れて、数枚はがします。余ったほうはきれいな丸い状態のまま、ラップで包んで冷蔵庫へ。はがしたほうは好みの調理法で使いましょう!この方法なら今までよりも保存しやすくなりますね。

実際に試して人も大喜び☆

「切り口から傷んでいたので大助かり感謝」「この発想お見事です!」「少人数家族には必須ですね」など、つくれぽ(みんなのつくりましたフォトレポートのこと)でも好評のワザなのです。

今回の保存法はコチラ

これからは少量だけ使いたいときも、ストレスフリーですね。1枚ずつはがす行為で、玉ねぎに愛着が湧きそう!大切に使ってくれるあなたに、いつか玉ねぎが恩返しに来るかも♪

執筆:八幡啓司

コピーライター。
裏ワザ、オモシロ系ネタを好む。宝島社『クックパッドmagazine!』にて「マンガ・裏ワザ実験室」を担当。

シェアする