cookpad news
トレンドレシピ

2017年は酉年。縁起物の鶏料理で運気アップを!

V6のいのっちこと井ノ原快彦さん、有働アナウンサーらが、社会問題から生活実用情報まで、毎日ピックアップする「あさイチ」(NHK)。主婦の皆さんが一番気になるあさイチのテーマをクックパッドがレポートします。

正月三が日も終わり、食事も豪華なおせちから普通の食事に切り替えるという人も多いと思います。仕事始めならぬ、最初の料理始めは、酉年にちなんで鶏料理からスタートしませんか?今回ご紹介するのは、縁起物の鶏をさらにパワーアップさせた一品です。さっそくチェックしてみて。

酉年だから…鶏料理から始めよう!

1月4日放映の「あさイチ」(NHK)をご覧になった人はいらっしゃいますか?新年1回目の「解決!ゴハン」には、中国料理店総料理長である菰田欣也さんが登場!酉年にちなんで、中国のテッパン鶏料理「油淋鶏」の作り方を教えてくれました。

甘酸っぱいタレを絡めて

鶏もも肉は、分厚い厚みの部分が均一になるように開きます。包丁の背で筋を切るように、全体をたたいてから半分にカット。これで火の通りが早くなります。

ここからがプロの技。ねぎの青い部分をもんで香りを出し、ここに鶏肉をイン。塩、コショウ、ショウガ、紹興酒を入れてよくもみ込みます。鶏肉に水分を補うことで、ふっくらジューシーに。この鶏肉にコンスターチ、なければ片栗粉をつけます。余分な粉をしっかり落としたら、ここでひと手間。霧吹きで水を拭きかけます。こうすることによって、粉が飛び散らずカリッと揚がるのだそう。160℃の油で4分間揚げたら、一度取り出し、また強火にして再び鶏肉をイン。2度揚げしてカリッと仕上げたらカットし、春菊、紅心大根などお好みの野菜の上にのせます。最後に酢、砂糖、黒酢、醤油、水、レモン汁、しょうが、みじん切りにしたねぎ、ゴマ油を混ぜて作ったタレをたっぷりと。これで完成です。

カリッと揚がった鶏肉は最高にジューシー!甘酸っぱいタレが食欲をソソりますね。風水では揚げ物は運気を上げる(=揚げる)とも言われているので、今年の干支である鶏を揚げた料理はまさに開運効果絶大のパワーフード。せっかくなのでクックパッドにも似たレシピがないか?探してみましたよ。

下味をつけるのが美味しさポイント♪

揚げないからヘルシー!

ささ身で作ってもやわらか~☆

いかがですか?酉年にちなんで、縁起物!?の鶏肉を使った料理をご紹介しました。 カリッと揚がった鶏肉は、ホクホクでテンションもアップ!モリモリ食べて、2017年は鳥のように大きく羽ばたき、飛躍の一年にしてくださいね。(TEXT:森智子)

シェアする