cookpad news
トレンドレシピ

四川料理のプロ秘伝!酸味と辛味が効いた酸辣湯でポカポカ温まろう!

V6のいのっちこと井ノ原快彦さん、有働アナウンサーらが、社会問題から生活実用情報まで、毎日ピックアップする「あさイチ」(NHK)。主婦の皆さんが一番気になるあさイチのテーマをクックパッドがレポートします。

冬はとにかく温かいものが食べたくなりますね。体を温めてくれる食材としてパッと思い浮かぶのは、しょうが。でも、しょうが以外にも手軽に温まる料理が。今回は、四川料理のプロが作る秘伝のポカポカレシピをご紹介します。

秘伝のあたたかメニューが登場!

2月6日放映の「あさイチ」(NHK)をご覧になった人はいらっしゃいますか?人気の料理コーナー「解決!ゴハン」の今回のテーマは、冬にピッタリの「カラダをあたためてくれるレシピ」。中華料理店オーナーシェフの陳建太郎さんが、祖父・建民さん、父・建一さんから受け継いだ、秘伝のあったか料理を伝授してくれました。

酸味と辛味でポカポカに♪

今回陳さんが作ってくれたのは、コショウの辛味と酢の酸味でポカポカに温まる「酸辣湯」です。

白菜と豚バラは3mm幅の細切り、えのきたけは石づきを取り、半分にカットします。 フライパンにサラダ油を入れ、豚バラ肉を炒めましょう。火が通ったら、豆板醤を投入。火力を中火にし、水、紹興酒、しょうゆ、塩、こしょう、顆粒のスープの素を入れ、先ほどカットした白菜、えのきたけ、ほぐしたほたて貝柱を加え、弱火で2~3分煮ます。 火を止め、様子を見ながら少しづつ水溶きかたくり粉を加えたら、再び火をつけて、とろみをプラス。最後に溶き卵を加えてサッと混ぜたら、酢をイン。これで出来上がりです♪

コショウと酢だけでなく、豆板醤を加えるのが、陳さん流の秘伝テク。豆板醤の温め効果も加わって、本当にカラダがポカポカになりそうですね~。せっかくなので似たレシピがないか?クックパッドで探してみましたよ。

豆腐でボリュームアップ☆

舞茸のシャキシャキ感がクセになる~♪

優しい味わいに癒される~!

中華料理店で食べるイメージが強い酸辣湯は、自分で作るのは難しそうと思っていたけれど、意外と簡単にできてしまうからビックリ!ぜひお家でも、その秘伝の美味しさを味わってみてください。(TEXT:森智子)

おすすめ記事