【節約上手への一歩】「チラシ」に振り回されない買い物方法とは?

516a2091caa284956558098306337bbf

節約アドバイザー・ファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんの「WEB上お金の賢い貯め方・使い方レッスン」で、貯め上手・遣い上手になりましょう。

食費節約に欠かせないのが、その日にお買い得になっているチラシ掲載商品、いわゆる広告の品を狙うことです。今回は、チラシの上手な見方と活用方法をご紹介します。

客寄せアイテムを狙え!

チラシの商品で一番お得なのは、その日限りで数量限定のものです。この商品でお客さんを呼んで他の商品も買ってもらうための、いわば客寄せパンダ的商品です。

とはいえ、客寄せパンダ商品は日替わりで用意されています。毎日それに釣られていては、あれこれと買ってしまいむしろ食費が高くついてしまうこともあるので、それが本当に必要な品かどうかは、しっかり見極めましょう。  

スーパーが“気合いを入れる日”のチラシをチェック!

各スーパーではそれぞれに特売日が決まっていることがあります。例えば、「○○の市」、「○○感謝デー」、「○のつく日」、「週末特価市」、「日曜朝市」など、特定の日付けや曜日が安売りデーになっていたりします。

各スーパーの特売日(=気合いの入る日)を把握しておき、その日の広告は必ずチェックするようにしましょう。スマートフォンにチラシアプリを入れておくと便利です。

安いから…と買いすぎて「お得ハンター」になってない?

本当に食費を安くしたいのであれば、特売品や見切り品をその日に使う分だけを買って、最後までムダ無く使いきるような献立を考えることです。しかし、現実はそうもいかないことの方が多いようです。

ほぼ毎日どこかしらのスーパーのチラシが入ってきますが、毎日見ることでお得にばかり目が行ってしまい、どうしても必要以上に買ってしまうことがあります。冷蔵庫は常にパンパンで、せっかく買った食材も賞味期限が過ぎてしまったり、傷んだりしたものを仕方なく使っている…。もしくはつい先日買ったものが、今日特売になっている…悔しいから買いに行こう…。そういった思考回路になっていたら要注意!安いものを探し求めて満足をする「お得ハンター」になってしまっています。必要か否かにかかわらず、半額シールが貼られていたら、とりあえず買い物カゴに入れるのはやめましょう。

買い物は「まとめ買い」が効率的!

買いすぎに心当たりがあるなら、まずは買い方を「まとめ買い」にシフトしましょう。広告の品で安く買うことも大切ですが、最後までムダ無く使い切ることも同じくらい大切です。一週間分の食材をまとめて買って、パズルのように組み立てながら冷凍室や乾物など、家にあるものと組み合わせて献立を考えていきましょう。

まとめ買い後の「仕込み」が使い切りのカギ

まとめ買いをする時は、特売日を狙うことはもちろんですが、できるだけ午前中に一人で済ませるようにしましょう。家族で一緒に買い物へ行くとどうしてもレジャー代わりになってしまい、不要なものもあれこれ買ってしまいがち。そうならないためにも、午前中のまだスーパーが空いている時間帯を狙って、さっと済ませるようにしましょう。

また、買うものはある程度決めて、買い忘れを防ぐためにメモを持つことも忘れずに。

さらに午後の時間帯は買ってきた食材の小分けや常備菜などの仕込みをする時間にあてると、時間配分もバッチリです。買ったあとのひと手間が食材のムダを減らし、一週間の調理を楽にしてくれます。

次のお買い物をする時には冷蔵庫がほぼカラになっている状態が理想的。クックパッドの食材検索などで、ムダなく最後まで美味しくいただけるレシピを探し、 特売品を使い切ることで食費の無駄を減らしましょう!


丸山晴美さん

85f546e6f116a4af1be6658103cac5de 旅行会社、コンビニ店長などを経て2001年節約アドバイザーとして独立。節約アドバイザー、ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザー。食費はもちろん生活全般の節約術・ライフプランを見据えたお金の管理運用のアドバイスなど様々なメディアで活動中。 公式ホームページ「らくらく節約生活」はこちら>>

クックパッド編集部

「節約」 アクセスランキング (毎日6:00更新)