cookpad news
コラム

夏のお疲れ肌をレスキュー! ダメージを癒すひんやりレシピ

暑い毎日が続いて夏バテピーク期。紫外線によるダメージに加えて、夏疲れに肌を直撃されている女子も多いのでは。そんな肌を癒してくれるレシピを集めてみました。

夏のお疲れ肌にいい栄養素と食材

鉄が酸化するとさびるように、肌も酸化するとシミやしわやたるみなどを引き起こします。紫外線は活性酸素を発生させ、肌に酸化ダメージを与える存在。紫外線量が増える夏は、肌にとってかなりつらい季節です。加えて、エアコンなどによる乾燥の影響も。きちんとケアしておかないと大変なことに!
そんなダメージ肌を癒すのが抗酸化作用のある次のような栄養素です。

ビタミンC

ビタミンAやビタミンEとともに、抗酸化ビタミンと呼ばれるほど、活性酸素の働きを抑える効果が。真皮のコラーゲンの生成をサポートするので、肌のためにもぜひとりたい栄養素です。

【ビタミンCを多く含む食材】

ブロッコリー、レモン、キウィ、赤ピーマン、じゃがいも

ビタミンE

抗酸化力が強く、細胞膜で脂質の酸化を防ぎます。ホルモンの分泌にも関係しており、肌のつややはりにも貢献。

【ビタミンEを多く含む食材】

アボカド、大豆油やコーン油などの植物油、アーモンドなどのナッツ類

β−カロテン

活性酸素の発生を抑えてくれるとともに、体内でビタミンAに変わることで、肌の健康維持やバリアー機能を強化する働きがあります。

【β−カロテンを多く含む食材】

にんじん、かぼちゃ

リコピン

β−カロテンと同様、黄色や赤の色素であるカロテノイドの一種で、強力な抗酸化力があります。近年の研究により、メラニンの生成を抑え、紫外線によるコラーゲンの減少をくいとめる効果があることがわかってきました。その働きにより、シミ、しわ対策の強い味方です。

【リコピンを多く含む食材】

トマト、すいか

夏のお疲れ肌女子はこれを食べるべし!

では具体的にどのようなレシピがいいのでしょうか。食欲が落ちたときにも食べやすいひんやりメニューを選んでピックアップしてみました♪

食欲がなくてもつるりんといけます♪

トマトを食べやすい大きさに切ってから冷蔵庫で冷やし、ゆでてから冷水でしめたパスタとあえます。ツナといりごま、ポン酢を加えて混ぜたらできあがり! トマトでリコピン、しそでβ−カロテンとビタミンC、オリーブ油でビタミンEがとれます。

ゴーヤをきんきんに冷やしていただきます☆

ゴーヤを下ゆでしてから冷蔵庫で冷やし、食べる直前にごま油、めんつゆ、ごま、かつおぶしなどをトッピング。
ゴーヤはビタミンCが豊富&しかも熱しても壊れにくいのがうれしい!

あっという間にできちゃうひんやりスープ

リコピン、ビタミンA、C、Eがたっぷりつまった一品です。

夏バテして体重が落ちたからといって喜ぶのは禁物。必要な栄養をとっていないと秋がきたときにかさかさ肌に。ぜひ、今回紹介したようなつるりんといけるレシピで、肌に癒しをあげましょう♪(TEXT:松崎祐子)

<参考文献>「新しい栄養学と食のきほん事典」(西東社)

シェアする