cookpad news
メインおかず

【炊飯器のボタン押すだけ】旨み凝縮「とうもろこしのピラフ」にはまる人続出!

ボタンを押すだけ!芯まで活用できる"とうもろこしピラフ"

とうもろこしは、つぶつぶ食感の実がおいしいものの、残ったとうもろこしの芯は、これまで日陰の存在でした。 そこで今回は、とうもろこしをすべて活用できるレシピをご紹介。 芯まで使っているので、とうもろこしの風味がたっぷり! 食欲をそそるピラフになりますよ。

それでは、作り方をご紹介します。

生のとうもろこしを実と芯に分け、研いだお米の中にとうもろこしの実と芯、刻んだベーコン、調味液を加えて炊飯器のスイッチを押します。 炊き上がったごはんにバターを加えて混ぜれば、完成です。

さらにくわしい作り方は、こちらを!

子供から大人まで、とうもろこしのおいしさにノックアウト!

つくれぽ(みんなのつくりましたフォトレポートのこと)には、「芯まで無駄なく使えて嬉しい」「生のトウモロコシの甘みが引き立ち美味しかったです」と、おいしさに大満足する感想が続々と寄せられています。 つくれぽには、生のとうもろこしの代わりに缶詰をつかったものや、ベーコンのかわりにハムやウィンナーを使ったものもありますよ

暑い時期に火を使いたくない人にも、ぴったりのピラフです。 炊飯器のスイッチを押すだけでできるので、涼しい顔でごはんが一品できますよ。

執筆:富田チヤコ

フードライター&コピーライター、管理栄養士
雑誌やWEBなどで、「健康」「食」に関する栄養コラムなどを執筆しています。 わかりやすく、食の楽しさを伝えます。

おすすめ記事