cookpad news
メインおかず

苦くない!?「ひとくちゴーヤおかず」が子供ウケ◎【大阪府箕面市の学校給食】

夏野菜の定番のひとつ、ゴーヤ。 独特の苦味がおいしさの特徴でもありますが、そんな苦味が苦手だという子供も多いはず。 そこで今回は大阪府・箕面市(みのおし)のキッチンより子供たちにも大好評のゴーヤおかずをご紹介します。

外はサクサク、中ふんわりなゴーヤおかずはこちら!

コツ・ポイントにも「油で揚げる高温調理は、ゴーヤの苦みを和らげ、食べやすくなります。 マヨネーズを加えることで外はサクサク、中はふわふわのかき揚げに仕上がります。」とコメントが♪これならゴーヤが苦手な子供も克服できるかも!?

つくれぽ(みんなの作りましたフォトレポートのこと)にも、ご飯&野菜がたくさん食べられたと声が寄せられていますよ。

箕面市が掲げる3つの「食育」

平成24年の厚生労働省「国民健康・栄養調査」と平成25年の厚生労働省「食料需給表(概算)」からわかる食生活の課題に対し、箕面市では朝ごはんの推奨野菜たっぷりのバランスごはんお米習慣に取り組んでいます。ぜひお米レシピにもご注目を!

この夏をおいしく食べて健康に乗り切るために、ご紹介したゴーヤおかずをはじめ、食育にもほんの少し意識を向けてみませんか?

箕面市の給食レシピはこちらから>