cookpad news

共働き家庭、必見!夕飯づくりの時短ワザって?

近年増えているという共働き世帯。働いていると、食事の支度になかなか時間がかけられなかったり、疲れて作りたくない日もありますよね。でも、じつは少しの工夫で毎日のごはん作りがぐっとラクになっちゃうんです!

仕事に家庭にと働く女性のみなさん、毎日おつかれさまです。疲れて帰ってきてからの夕食づくり、本当に大変ですよね。「今日は何も作りたくない!」そんな日があっても致しかたない…、と思っていたら、何やらちょっとの工夫で毎日のごはん作りがぐっとラクになるんだとか。主婦の友社から発売中の書籍「共働きごはん」の中からヒントをご紹介します。

その方法はというと、材料を買ってきたら、一部をその日の夕食に使用し、残りは調味料をからめるなどして保存しておくというもの。すると、夕飯を作りながら、同時に別の日のおかずの下準備もできてしまうという効率の良さ! どういうことか、さっそく具体的なレシピを見ていきましょう。

たとえば、ひき肉400gを買ってきた場合…

まずは200g分を使って、今晩のおかずを手早く作る!

ひき肉の半分を使って、その日分のおかずを。帰りが遅い日でも安心の、クイックレシピを2品ご紹介♪

鶏ひき肉とにんじんのチャプチェ(調理時間:15分)

<材料>(2人分)
鶏ひき肉 …200g
にんじん …1/2本(70g)
にら …1束(100g)
はるさめ …40g
にんにく・しょうがのみじん切り …各小さじ1
A …{しょう油 大さじ1.5、砂糖 小さじ1}
ごま油 …小さじ1
すり白ごま …大さじ1/2

<作り方>
1.にんじんはピーラーで薄く切る。にらは5cm長さに切る。フライパンに3cm程度湯を沸かし、はるさめをさっとゆで、湯を切る。
2.フライパンににんにく、しょうが、ごま油を入れて中火にかける。香りが立ったらひき肉を加え、色が変わるまでいためる。
3.ひき肉に火が通ったら1を加え、さっとまぜ合わせてAを加え、汁けがなくなるまでいためる。器に盛って、ごまをふる。

ガパオ(調理時間:15分)

<材料>(2人分)
鶏ひき肉 …200g
玉ねぎ …1/2個(100g)
パプリカ …赤、黄合わせて1/2個分(100g)
バジル …1パック(2〜3枝)
赤とうがらし …1本
しょうがのみじん切り …大さじ1/2
にんにくのみじん切り …小さじ1
A …{オイスターソース、ナンプラー 各大さじ1}
塩、こしょう …各少々
卵 …2個
サラダ油 …小さじ3
あたたかいごはん …茶わん2杯分

<作り方>
1.玉ねぎは5mm厚さの薄切りに、パプリカは7mm幅の細切りにする。赤とうがらしは種をとり、はさみで1cm長さに切る。バジルは葉と茎に分け、茎はざく切りにする。
2.フライパンにバジルの茎、赤とうがらし、しょうが、にんにく、サラダ油小さじ2を入れて中火にかける。香りが立って色づき始めたらひき肉、玉ねぎ、パプリカを加え、肉に火が通るまでいためる。
3.Aを加えて全体をまぜ、火を止める。バジルの葉を加えてまぜ、塩、こしょうで味をととのえる。
4.器にごはんを盛り、3をかける。3のフライパンをさっと洗い、サラダ油小さじ1を強火で熱し、卵を割り入れ、半熟の目玉焼きを作り、ごはんの上にのせる。

残り200gは保存して、別日にアレンジ☆

半分残したひき肉は、保存して他の日に使用。下準備をしておけば、時間をかけずともラクラク一品の完成です!

ストック用:鶏ひき肉だね

保存期間の目安:冷凍1ヶ月、冷蔵3日

<材料>(2人分)
鶏ひき肉 …200g
卵 …1/3個分
塩 …小さじ1/4
こしょう …適量
かたくり粉 …小さじ2

<作り方>
材料をすべて冷凍用保存袋などに入れ、全体がなじむまでもむ。
※卵を入れすぎるとアレンジ1のナゲットが作りにくくなるので注意

☆ストックだねを使ったアレンジ1

クイックナゲット(調理時間:15分)

<材料>(2人分)
鶏ひき肉だね …200g
小麦粉 …適量
サラダ油 …適量

<作り方>
1.バットに小麦粉を広げ、肉だねをスプーンで落とす。表面に薄く小麦粉をはたきつけ、ナゲットの形に成形する。
2.フライパンを中火にかけ、サラダ油を5mm程度の深さまで入れ、あたたまったらナゲットを入れ、揚げ焼きにする。
3.器に盛り、好みでトマトケチャップ、マスタードを添える。

☆ストックだねを使ったアレンジ2

ワンタンスープ(調理時間:15分)

<材料>(2人分)
鶏ひき肉だね …100g
ワンタンの皮 …1/2袋(10〜15枚)
豆苗 …1/4袋
しょうがのすりおろし …小さじ1/2
鶏ガラスープのもと …大さじ1

<作り方>
1.豆苗は根を切って洗う。なべに水2.5カップを沸かし、鶏ガラスープのもとを入れ、豆苗を加えてさっと煮て、豆苗を器にとり出す。
2.再度スープを煮立て、しょうがを入れる。ワンタンの皮の中央に肉だねをのせて包み、スープに入れる。ワンタンが浮いてきたら、スープといっしょに器に入れる。

といったように、本には他の食材でも【その日に作るクイックレシピ】【ストック用のレシピ】、そして【ストックを使ったアレンジレシピ】を紹介中。肉・魚のほか野菜もあるので、気になる食材からレシピを探せるところも便利◎

また、どうしようもなく疲れた日のために(ありますよね!)市販のそうざいや缶詰、レトルト食品をアレンジしたレシピや、遅くなった日の深夜レシピなど、働く女性はもちろん子育てママなど、とにかく忙しくがんばっているみなさんを応援するレシピが満載です!

毎日のごはん作りに役立つこと間違いなしの一冊、気になったらぜひチェックしてみてくださいね。

取材協力 : 主婦の友社
共働きごはん(料理:上田淳子)
忙しくて毎日のごはん作りが憂うつ…そんな働く女性にぴったりの料理本ができました。帰宅してすぐに作れるラクうまごはんに、夕飯作りとまとめてできる簡単作りおきのあわせワザで、わざわざ週末に時間と手間をさいてまとめ作りをしなくても平日ラクラク。少ない食材で、お料理初心者でもすぐに作れるレシピが満載です。
●詳しくはこちら>

シェアする