cookpad news
トレンドレシピ

アコーディオンみたいなベイクドポテト発見!

相変わらず、大人気のじゃがいも料理。今回は、まるであの楽器にそっくりなポテト料理のレシピを発見しました。その名も「ハッセルバックポテト」。さっそくチェックしてみましょう!

「ハッセルバックポテト」、またの名を「アコーディオンポテト」と申します

「ハッセルバックポテト」はスウェーデン生まれのポテト料理。ジャガイモの上半分に細かく切り込みを入れ、バターを乗せてオーブンでローストして作ります。スウェーデン・ストックホルムのユールゴーデン島にある「ハッセルバッケン」というレストランで最初に作られたことから、この名が付いたとか。その特徴的な見た目から「アコーディオンポテト」と呼ぶこともあるそうです。

スウェーデンではじゃがいもが主食で、肉料理の付け合わせとして「ハッセルバックポテト」がよく登場するそう。日本では衣料品チェーンのH&Mや北欧家具のIKEAなどでよく知られる国ですが、料理の方も負けずとオシャレですね。

とはいえ、この料理の最大のポイントは、うまくじゃがいもに切れ目を入れること。どうやら割り箸でジャガイモを挟むように固定して切れば、うっかり一番下まで切ってしまう ことも防げるようです。

では、お待ちかねのレシピをチェックしてみましょう!!



仕上げにチーズやパン粉をふりかけると、香ばしく、最高の味わいになるとか。ぜひ、秋の夜長に「ハッセルバックポテト」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?(TEXT:中本タカシ/ライツ)