黄金比に匹敵!?餃子のタレ「酢コショウ」を味覚センサーで検証

6d95473274dfeecc266acd5e88fd681b

醤油、お酢、ラー油で作る餃子のタレには黄金比があります。それは醤油:お酢:ラー油=5:4:1という配合。餃子の「旨味」、醤油の「塩味」、そしてお酢の「酸味」の強さが同程度となり、味覚のバランスがとても良いんです。

しかし、餃子のタレにはアレンジレシピもたくさんあるもの。今回、そのひとつである「酢コショウ」を味覚センサーで分析したところ、驚くべきことがわかりました!

酢コショウと黄金比を味覚センサーで検証

味覚を分析するのは、味覚センサーのレオくん。ヒトが味を感じる仕組みを模した味覚センサーで、AIを搭載したハイテクなマシンです。

638613d3aa0abffb9edb37f293eff40b

レオくんで酢コショウと黄金比のタレの基本5味(甘味・旨味・苦味・酸味・塩味)を可視化すると、このようになります。

Fef1ec085e875a07a321b7d2426e4518

もうおわかりですよね。そう、実はこの2つ、味が似ているんです!

有意に差があるのは「酸味」と「塩味」。酸味は酢コショウのほうが高く、塩味は黄金比のほうが高くなっています。2つを比較して端的に表すならば、「酢コショウは酸っぱく、黄金比はしょっぱい」ということです。

餃子との相性はどっちが良い?

この結果をもとに餃子との相性度を算出してみます。測定する食品同士で、お互いの味を引き立たせることができているほど相性度が高く、美味しい食べ合わせになります。

その結果がこちら。

  • 酢コショウ:相性度96.4
  • 黄金比:相性度96.7

黄金比には及びませんでしたが、酢コショウもかなりの高得点!味が似ているので当然といえば当然ですが、自信を持って「餃子に合うタレ」と言えるでしょう。

Fa2133a9dae66423a5a43ce29e2f3828

どちらも餃子との相性は抜群ですから、あとは好みの問題。「しょっぱいもの好きは黄金比」「酸っぱいもの好きは酢コショウ」になるのではないでしょうか。冬は黄金比、夏は酢コショウでさっぱりといった使い分けもできそうですね。

ちなみに酢コショウを作るときのコツは、コショウを多く入れること。酢が隠れるくらい振らないと、酸味が強すぎてしまいます。ぜひ試してみてくださいね!


著者:味博士

9b2f5327699a1aa48c660deeff59d0b4 味覚研究家。AISSY株式会社代表取締役社長 兼 慶応義塾大学共同研究員。味覚を数値化できる味覚センサーを慶大と共同開発。味覚や食べ物の相性の研究を実施。メディアにも多数出演。ブログ『味博士の研究所』で味覚に関するおもしろネタを発信中。

味博士のキッチン
当コンテンツをご覧頂き有難うございます。 味博士で御馴染のAISSY株式会社(http://aissy.co.jp/ajihakase/index.php)で代表取締役を務める鈴木でございます!...
クックパッド編集部

「コラム」 アクセスランキング (毎日6:00更新)