【失敗しない】おうちでも間違いなく美味しくなる「ステーキの焼き方」

5cd00af08fe5cc451f2bd98a3e3fb403

お店で出るステーキの味を家庭でも

豚こま肉や鶏むね肉などに比べると、値段の高いステーキ肉。普段はあまり手が出せないことも多いですが、記念日やお祝いごとなどの特別な日や、今日は自分にご褒美をあげたい!という日には、奮発してステーキ肉を買ってくることもあるのではないでしょうか。 せっかく買ったステーキ肉、失敗せずに美味しく焼きたいですよね。自宅でも間違いなく美味しくなるステーキの焼き方のコツをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

肉を美味しく焼くためのポイント4つ

肉は常温に戻す

火の通りを均一にするため、肉は調理する15分〜20分前に冷蔵庫から取り出し、常温に戻しておきましょう。冷たいまま焼くと、肉の表面だけ焼けて中心まで火が通りません。

塩コショウは焼く直前に

塩コショウをしてから放置してしまうと、肉から水分が流れ出て、かたくなってしまいます。

フライパンをよく熱する

フライパンを十分に熱してから入れましょう。強めの中火で両面に焼き色を付け、うまみを閉じ込めます。

焼き始めたら何度もひっくり返さない

焼き始めたら何度もひっくり返すのはやめましょう。肉の上下を返す前に、側面と下の面の両方をチェックします。

家でもできる美味しいステーキの焼き方

1:肉に下味をつけて焼く

常温にもどした肉に塩、コショウを振る。フライパンを中火で熱し、十分に熱しているか手をかざして確認してから、サラダ油を引く。肉を入れたら強めの中火にして、肉に焼き色を付ける。

2:焼き加減を確かめる

指で肉を押して(※)、肉汁がうっすら赤くにじむくらいがミディアムの焼き加減。※火傷に注意。

3:焼き上がったら寝かせる

焼き上がったら、肉を落ち着かせるためアルミホイルで包み、温かいところに置いて、焼き時間と同じくらい寝かせる。肉汁を中にとどめ、柔らかく仕上がる。

これで絶品ステーキの完成です!

クックパッド編集部

「裏ワザ」 アクセスランキング (毎日6:00更新)