子どもも喜ぶお魚ハンバーグ♪福島県の「サンマのポーポー焼き」【日本各地の絶品レシピVol.8】

460abdc6545215a9fd3ccd306c42a41d

地域に伝わる郷土料理や特産品をつかった美味しいレシピを、自治体が運営するクックパッド公式キッチンがリレー形式でご紹介。第8回目は福島県の公式キッチンから。 日本各地の味わいをご家庭の食卓でぜひお試しあれ♪

<今回、絶品レシピをレクチャーしてくれた公式キッチンはこちら>

福島県のキッチン
「はら食っち~な ふくしま」には、ふくしまの農林水産物を「はらくっち(方言でおなかいっぱい)」くらい食べてほしいという思いを込めました。 福島県には、地域ごと変化に富んだ豊かな気候風土だからでき...

広大な敷地の福島県は、地域によって食文化がさまざま

福島県は太平洋側の温暖な地域から、山間部の豪雪地帯まで東西に広く、標高の差も大きいため、気象条件や自然条件が多様です。南北に走る奥羽山脈と阿武隈高地により、浜通り・中通り・会津地方と大きく3つの地域に分けられ、それぞれに独自の食文化が形成されています

浜通りは、サンマめひかりなど、太平洋の新鮮な魚介類を生かした食文化が形成され、中通りは、冬の寒冷な気候を生かした凍み大根凍み餅鯉の養殖あんぽ柿の生産が盛んです。

会津若松地域は、代表的なそばの生産以外にも、日本海側の海産物を使った料理山菜料理、鯉や山女魚などの川魚料理馬肉料理など、多様な食文化がみられます。

サンマのハンバーグ!?「サンマのポーポー焼き」

今回は福島県の数ある郷土料理の中から、浜通りいわき市の「サンマのポーポー焼き」を紹介します。

ネーミングの由来は漁師さんが船上で料理をする際に、サンマの脂が炭火に落ちてポーポーと炎が出たこと」や「アツアツのところを食べるので、ポーポーと息をしながら食べたこと」など諸説あります。

サンマ漁獲量が全国的にも高い福島県で、塩焼きや刺し身以外でも美味しく食べられる料理として考案されたレシピ。今が旬の秋にはよく食べられています。ポーポー焼きを作るポイントとしては、サンマを粗めに叩くことでふんわりとした食感になり美味しくなります。

レシピはコチラ

海のハンバーグ!サンマのポーポー焼き by 福島県
塩焼きやお刺身の他にサンマをおいしく食べる料理として考案された『サンマのポーポー焼き』は、いわきのソウルフードです

サンマを使ったハンバーグなので、ご飯と一緒に食べるのはもちろん、おつまみとしても楽しめますよ。味噌で味付けされていますが、ポン酢やケチャップをかけても◎。サンマが旬のこの時期に、子どもも食べやすい新しい食べ方として、ぜひ取り入れてみてくださいね。

クックパッド編集部

「コラム」 アクセスランキング (毎日6:00更新)