乾燥肌にビタミン補給♪ 内側からキレイになる「たらのみぞれ煮」献立

2fe6b1d8c5e87334b8b49ff2fb224a6a

肌の乾燥は栄養不足が原因かも?

空気が乾燥する季節になると、気になるのが肌の乾燥です。カサカサ肌を防ぐためにスキンケアが気になる人も多いと思いますが、栄養そのものが不足すると肌が乾燥することをご存じですか? 栄養不足になると、ターンオーバーと呼ばれる肌の新陳代謝のスピードも遅くなり、肌の細胞が水分そのものをキープする力が低下することもあります。 美肌への第一歩は、バランスのいい食事をとることです。

どんな栄養のあるものを食べたらいい?

肌の代謝を促すためには、まず肌の細胞のもとになるたんぱく質をしっかりとること。そして皮膚を健康にする働きのあるビタミンAや、肌のハリにもかかわるビタミンC、さらに血行をよくするビタミンEが含まれている食材をとりましょう。 もちろん体を温めることで血行もよくなります。肌のすみずみにまでしっかり栄養が行き届くように、これからの時期は温かい食事をとることもおすすめです。

おすすめの夕食献立は、こちら!

【主菜】たらのみぞれ煮

大根たっぷり♡鱈のみぞれ煮 by じんとっと
冬が旬の鱈と大根は相性が抜群!!大根おろしの水分だけで煮ますヨ~♪美味しくって子供にも人気のメニューです(^−^)

冬の鍋料理などに欠かせないたらには、たんぱく質がたっぷり。みぞれ煮にすれば、大根に入っているビタミンCなども丸ごと食べられます。

【副菜】春菊のナムル

春菊のナムル by まろんかふぇ
ピックアップ&yahoo&ニュース&カテゴリ掲載&500れぽ大感謝♡香りよい春菊のナムル。ダブルのゴマが美味♬

ほろ苦い味わいの春菊にはビタミンA、ごまにはビタミンEが含まれています。ナムルのようにごま油などと合わせてとると、ビタミンの吸収率も高まります。

【汁物】さつまいもの味噌汁

汁物100選☆薩摩芋とごぼうのお味噌汁 by sweeterm
食物繊維たっぷり。ほっこりするお味噌汁です。

さつまいもに含まれているビタミンCは、いも類の中でもトップクラス。しかも熱に強く、壊れにくいものです。焼きいものようなおやつばかり考えがちですが、味噌汁に入れるのも◎。

ちなみに、ダイエット中の人はどうしても油をとるのを避けてしまいがちですが、あまりにも少ないと、肌の乾燥が進むので要注意! まずは身も心もポカポカと温まるような夕食で、肌の乾燥を防ぐことから始めませんか?

※参考文献:「知っておきたい栄養学」(学研プラス)


執筆:富田チヤコ

フードライター&コピーライター、管理栄養士
雑誌やWEBなどで、「健康」「食」に関する取材記事やコラムなどを執筆。 わかりやすく、食の楽しさを伝えます。

クックパッド編集部

「きょうのごはん」 アクセスランキング (毎日6:00更新)