熟成を待つ楽しみが◎岐阜県恵那市の大人おつまみ「ゆず釜」

690f5fdef829a240e1bc3fe23282a84a

地域に伝わる郷土料理や特産品をつかった美味しいレシピを、自治体が運営するクックパッド公式キッチンがリレー形式でご紹介。第17回目は岐阜県恵那市の公式キッチンから。 日本各地の味わいをご家庭の食卓でぜひお試しあれ♪

<今回、絶品レシピをレクチャーしてくれた公式キッチンはこちら>

岐阜県恵那市のキッチン
安心で美味しい「食」にあふれる「健幸のまち・えな」を目指し、地産地消と食育に取り組んでいます。 「食べるって楽しい!」をモットーに地元で育ったものを使ったレシピ、この地で生まれた伝統食などを紹介...

盛りだくさん♪岐阜県恵那市の特産品

山間の岐阜県恵那市は、良質の栗の産地であることで有名ですが、それだけにとどまらず、ゆずを使った「ゆず釜(ゆべし)」も名高い特産品の一つです。ゆずの皮に味噌生地を詰めて干す保存食で、手間隙かけて作るその味は酒の肴にぴったり。ほかにも、テレビドラマでも話題になった五平餅、米粉をつかったお菓子のからすみ、朴の葉で包む朴葉寿司(ほおばずし)、岐阜県特産ブランド山岡細寒天を使った寒天料理など、地域の行事などで食べられる恵那の伝統料理、季節ごとのレシピはさまざまにあります。

熟成を楽しみながら待つ1カ月

「ゆず釜」は、ゆずの中に味噌と胡麻、くるみ、落花生、クコなどの木の実を詰めこんで蒸し、表面が乾いた頃、和紙で包んで風通しのよい場所で1カ月以上ゆっくり乾燥させ硬くなった状態が食べ頃です。秋の終わり頃、ゆずが収穫できる頃に各家庭で作られています。ゆずの香りがほんのり香る味噌はまさに大人の味。寒い冬、晩酌のお供に、薄くスライスして食べます。

ゆず釜(ゆべし) by 岐阜県恵那市
恵那市笠置町の特産品のゆべしは、ゆずの皮にみそ生地を詰めて干す保存食です。熟成していく様子も楽しみながらつくります。

皮が硬くなり始めたら食べ頃!

日本酒にはもちろん、洋酒に合わせても◎。ゆずの風味が強く残り、硬くなっていない頃の「ゆず釜」はクリームチーズとも相性が良く、イタリアマルケ地方の伝統食フィグログにも似た食べ方ができますよ。保存も効くからたくさん作ってみんなで集まるお正月の酒の肴にぜひ♪

クックパッド編集部

「コラム」 アクセスランキング (毎日6:00更新)