cookpad news
トレンドレシピ

知っていますか?減塩の新常識~「あさイチ」から~

健康のために減塩に取り組んでいる人も多いはず。なるべく薄味にダシや素材の味を生かしてと、いろいろ工夫されている人も多いと思います。今年7月に発表された東京大学の調査によれば、現在日本人の食塩摂取量は、成人男性は14.0グラム、女性11.8グラム。厚生労働省が目標にする「1日9グラム」を大幅に超えている結果に…。今回はそんな気になる塩分についてのリポートです。

減塩が進まない原因は?

10月29日放映のNHK「あさイチ」は、誰もが気になる「減塩」がテーマでした。これまで「あさイチ」でも何度か取り上げてきたこのテーマですが、現在の日本人はまだ塩分をとりすぎている状態なんだとか。減塩がなかなか進まない原因の1つに実は加工品があることが番組の調査からわかったそうです。

加工食品は、食品を美味しくするため、そして保存性を高めるために手作りのものにくらべてどうしても塩分が含まれることに。そのことを意識しながら、付き合うことが重要なんですね。

加工食品に入った塩分を減らすにはどうしたらいい?

番組ではもちろん、加工食品の塩抜き=脱塩の仕方についても紹介していましたよ。せっかくなのでその方法もご紹介しましょう。

ハムの塩抜き

1、ハムを薄く切り、倍の量のお湯に1分間入れる。(お湯が沸騰したら火を止める)
2、ザルに開けたら、また水に1分間浸せばOK。

ソーセージの塩抜き

1、ソーセージ1cm幅で4等分に切る。
2、ソーセージは倍の量の水で煮る。ハムと同じように沸騰したら火をとめて10分間。(浮かないように落としぶたをするのがおすすめ)
3、ザルに開けたら、再び沸騰したお湯に10分入れる。

ソーセージと同じ要領でやれば、塩分たっぷりの冷凍ハンバーグも4割の塩抜きができるというから嬉しい。ちょっと手間ヒマはかかりますが、気になる方はぜひトライしてみてくださいね。

もっと簡単に塩分を減らすには?

もっと簡単に減塩できる方法もありました。その方法はなんと、牛乳を混ぜるという方法。たとえば納豆にタレを入れる前、小さじ2の牛乳を入れてその分タレを半分にして使うという方法で減塩が可能に。これなら気軽にできますね~。クックパッドにも減塩のレシピがあったので、ピックアップしてみましたよ。

カレー粉の香りで


レモンの酸味を活かして


牛乳のお味噌汁


塩は身体にとって大事な成分。たくさんとりすぎるのはよくないけれど、急激に減らすのも難しいところ。少量づつ無理のない範囲で、減塩ライフを楽しむのがベストかもしれませんね。(TEXT: 黒沢るか/ライツ)

シェアする