新発見!レパートリー広がる「大根」の食べ方【世界の台所探検】

900c90a06bdb35e632aff9762b288667

世界中の台所を訪れて現地の人と料理をする台所探検家・岡根谷実里さんが、各地の家庭料理をお届けします。

煮物やサラダなど様々な料理に登場し、食卓に欠かせない野菜と言える「大根」。でもいまいちレパートリーが広がらない…そんなときは、世界でどんな食べ方をしているか目を向けてみてはいかがでしょうか。今回は、世界の台所からの知恵で「大根」をおいしく楽しむアイデアをお届けします!

大根だけで本格インド

北インドの家庭では、季節の野菜をスパイスで炒めた「サブジ」をよく食べます。インドというとカレーのイメージが強く、時間がかかりそうという印象もありますが、実はインドのスパイス料理は煮込まずさっと炒めるだけのものも多いです。サブジは使う野菜も1~2種類のみとシンプル。

637f5de39019f7cb5d55d329107e7eaa

炒めるだけ!時短おかず

本格的にみえて実は手軽、「サブジ」は、その時ある野菜とフライパンだけでできる本格時短料理なんです!

大根だけ!時短なインド家庭料理「サブジ」 by 世界の台所探検
炒めるだけ簡単!大根だけでできちゃいます。

主食だって!

サブジはおかずですが、主食のクレープ(チャパティ)もつくれちゃいます。 大根をおろして粉と混ぜ、うすくのばして焼きます。大根から主食もおかずもできるなんて驚き! 日本の大根はインドのより水分が多いので、水分調整に注意です。

大根のパラタ:ムーリーパラタ by プラバール
インドで大根の根を使うレシピといえば、こちらのレシピが代表的です。いつものカレーのお供や軽食に美味しいパラタをご紹介。

ベトナムではなますにしてサンドイッチに!

こちらはベトナムの朝の風景から。ベトナムでは、働く女性が多いこともあり朝食は外で食べるのが一般的。屋台や小さな飲食店が軒を連ね、路上においしい匂いがあふれます。

Fd87f9ac2a98ec219dc9e0e6662fb53f

そんな朝食の定番が、バゲットサンド「バインミー」です。

■バインミー・べトナムのサンドイッチ■ by のおこ
ベトナムの道端で良く見たサンドイッチ。 『なます』と『レバーペースト』がビックリな美味しさです。

具はレバーペーストや玉子焼きやハムなど様々な種類がありますが、すべてのベースに入るのが 大根とにんじんのなます 。紅白なますは日本ではお正月のおせちに食べられる縁起物ですが、ベトナムではパンに挟んで食べる日常のサラダ感覚です。

■ ベトナムの「なます」 ■ by のおこ
なますはアジア共通でした♪南アジア風にチリをたっしてアクセントを。ベトナムではサンドイッチの具になっていました。

なますをパンに挟むなんてびっくりですが、ニョクマム(魚醤)がじんわりパンにしみて意外と合うんです。

子ども大喜び!スーダンのコロコロサラダ

こちらはスーダンの家庭で毎日のように食卓に上るゆかいなサラダ。 何がゆかいかというと、細かく切った野菜を、手でもみもみして仕上げるのです!野菜は、大根、にんじん、トマトなどなんでもOK。中途半端に残った野菜の使い切りにも便利です。

71675bafbb30292161583692c125e124

日本のピーナッツバターはピーナッツ以外の油脂類などが入っていてうまく馴染まないこともあるのですが、100%のピュアピーナッツバターが手に入ったらおためしください。また、練りごまペーストでつくるのもおいしいです。

スーダンのピーナッツコロコロサラダ by 世界の台所探検
切って手でもむだけ!もみもみするのが楽しくて、子どもと作るのにもおすすめです。

台湾のもっちもち絶品おやつ

台湾からは、大根餅。点心の定番ですが家庭でも作るようです。 大根は細い千切りにしたら、粉とまぜて丸めます。ネギをたっぷり入れて大人のおつまみにも、チーズを入れて子供のおやつにも。アレンジも自由自在でいろいろ楽しめてしまいます!

台湾人が教える★日本の食材で本格大根もち by みぞれっちファン
蒸す、冷ます時間がいらず、台湾人が教える超手抜きの本格台湾の大根もち♪外はパリッ、中はもちっ!食べると止まらない味です♪

世界の台所からのヒントで食材を楽しもう!

使い慣れた食材は「こうやって食べるもの」と思い込んでしまいしまいがち。日本の知恵が詰まったいつもの料理もいいけれど、ふと飽きたらたまには世界の台所からの知恵を試してみてはどうでしょう。こんな食べ方があるんだ!これとこれも合うかも!と発想の幅が広がるかもしれません。


岡根谷実里さん

A48de658e0b5379802a81ce8204824f4 台所探検家。世界各地の家庭の台所を訪れ、世界中の人と一緒に料理をしている。これまで訪れた国は60カ国以上。料理から見える社会や文化、歴史、風土を伝えている。
公式ブログはこちら>>

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、週6回編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

「コラム」 アクセスランキング (毎日6:00更新)