製菓用チョコレートと板チョコの味の違いを味覚センサーで分析

5d4cdac07082fee5480472bd4769022b

お菓子作りに用いる、製菓用のクーベルチュールチョコレート。溶かすと普通のチョコレートに比べて滑らかで扱いやすいのが特徴です。

最近ではそのまま食べるための高級クーベルチュールチョコレートも出ていますが、今回は製菓用のお話。

製菓用クーベルチュールチョコレートの味は、普通の板チョコと何が違うのか?味覚センサーで分析してみました。

製菓用クーベルチュールチョコレートと板チョコの味の違い

製菓用のクーベルチュールチョコレートって、余りませんか?一袋が多めの量で売られていることが多いので、どうしても端数が出てしまいがちです。直接食べようにも、美味しいのかどうかちょっと気になるところ。

食べてみれば良いのですが、それでは話が始まらないので、製菓用クーベルチュールチョコレートと某Gブランド、某Mブランドのチョコレートを味覚センサーレオで分析し、味の違いを比べてみました。

まずは基本5味(甘味・旨味・苦味・酸味・塩味)を分析したチャートを見てみましょう!

A2117ba195f45a96852d27e327d76b82

特徴的なのはGブランド、Mブランドのチョコレートに比べて苦味が強く出ていることです。 苦味にフォーカスするとこのようになります。

Ec2bfe4a47fe793d899be3c75cf366e6

Gブランド、Mブランドのチョコレートはほとんど差がありませんが、製菓用クーベルチュールチョコレートはそれらと比べて0.2ポイント以上の差があります。ほとんどの人がわかる有意差ですね。

苦いチョコレート好きははまってしまうかもしれません。次に甘味も見てみましょう。

B94fa53e51a999de566db6432dec14db

製菓用クーベルチュールチョコレートは、甘さも控えめです。製菓用だからでしょう。

少し驚いたのが、Gブランドのチョコレートの甘味がそれよりも弱いことです。Gブランドのチョコレートはあっさりしたお味なのかもしれません。

ちょっとGブランドのチョコレートのあっさり具合が気になってきたので、あっさり味覚の代表、酸味もグラフにしてみました。

Bc2d0b8a876bd97e723d4aabea17d561

Gブランドは製菓用クーベルチュールチョコレートと比べて酸味が強めです。ただし、有意差はありません。味覚の鋭い人だったら違いに気づくかもしれないですね。

そして、Mブランドのチョコレートの酸味が強いです。Mブランドは甘味も強かったので、味が濃いめのチョコレートといえるかもしれません。製菓用クーベルチュールチョコレートと比較すると0.2ポイント以上、ほとんどの人がわかる有意差です。

Mブランドに関しては、旨味も強いという結果が出ています。

D75ad6c3749b115780e39a4ed141ca57

Gブランド、製菓用クーベルチュールチョコレートと比較すると有意な差ではありませんが、半数程度の人は気付くかもしれません。

ちなみに、塩味に関してはいずれのチョコレートもほとんど差がありませんでした。

ものすごくざっくりまとめると、以下のような味の特徴があると言えそうです。

製菓用クーベルチュールチョコレート:苦め
Gブランド:さっぱりめ
Mブランド:濃いめ

成分的に当然という感じもしますが、本記事は味覚の可視化を目的としていますのでご容赦ください。

なお、実際に食べてみると口どけや舌触りも違います。お菓子作りの際にチョコレートを余らせてしまった方はぜひ、食べ比べをしてみてください。ちょっと面白いですよ。


著者:味博士

9b2f5327699a1aa48c660deeff59d0b4 味覚研究家。AISSY株式会社代表取締役社長 兼 慶応義塾大学共同研究員。味覚を数値化できる味覚センサーを慶大と共同開発。味覚や食べ物の相性の研究を実施。メディアにも多数出演。ブログ『味博士の研究所』で味覚に関するおもしろネタを発信中。

味博士のキッチン
当コンテンツをご覧頂き有難うございます。 味博士で御馴染のAISSY株式会社(http://aissy.co.jp/ajihakase/index.php)で代表取締役を務める鈴木でございます!...
クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、週6回編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

「コラム」 アクセスランキング (毎日6:00更新)