【新茶の旬到来!】お湯はどれくらい冷ますのが正解?「煎茶」がもっと美味しくなる淹れ方

90ae3ca6111859ff6a8e2729a64067c3

地域に伝わる郷土料理や特産品をつかった美味しいレシピを、自治体が運営するクックパッド公式キッチンがリレー形式でご紹介。第28回目は京都府の公式キッチンから。 日本各地の味わいをご家庭の食卓でぜひお試しあれ♪

<今回、絶品レシピをレクチャーしてくれた公式キッチンはこちら>

京都府のキッチン
京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆ 京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。 でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆...

京都府では旬を大切にする食文化が発達しており、これまでに、夏に美味しい京都のおばんざい「賀茂なすの田楽、とうがらしのたいたん」、秋の京都を食卓で満喫できる「焼き丹波くりのおこわをメインにした献立」、春の京料理をイタリアンで楽しめる「筍とブロッコリーの和風パスタ&花菜の山椒リゾット」などを紹介してきました。

今回、新茶が出回るこの時期に知っておきたい、「美味しい煎茶の淹れ方」と、お茶請けにもぴったりな京都の宇治茶を使った和菓子も合わせてご紹介します!

 新茶を丁寧に楽しむ

新茶の美味しい季節がやってきました。最近は急須でお茶を淹れる機会が減っていますが、丁寧に淹れた煎茶は風味豊かで深い味わいです。その年の最初に摘まれた茶葉は新茶、又は一番茶とも呼ばれ、渋味が控えめで旨味成分のテアニンも豊富なため、後から摘まれる二番茶、三番茶よりも美味しいといわれます。

煎茶はさまざまな場面で楽しんでいただけます。日々の食事やおやつ時だけでなく、お客様をおもてなしする時などに、特別な茶器とともに淹れられてはいかがでしょう。

湯さましが美味しさの秘訣

【お茶の京都】おいしい煎茶の淹れ方 by 京都府
美味しい新茶の時期になりました。ご家庭で美味しいお茶をお召し上がりください。

 リラックス効果も!抹茶どらやき

美味しい煎茶を入れたら、お茶請けに抹茶のどらやきはいかがでしょうか。
抹茶に使用される茶葉は碾茶(てんちゃ)といい、覆いで遮光して栽培された茶葉を蒸し、揉まずに乾燥させたものです。遮光によりテアニンが増しリラックス効果も期待できますよ。

ホットケーキミックスと市販つぶあんでお手軽に

抹茶どらやき by 京都府
宇治茶を使った美味しいスイーツ!

どんな食事にも合うのが煎茶の魅力ですが、手作りの抹茶スイーツと合わせていただくと、美味しさもひとしおです。たくさん作って大勢で楽しんでみるのもいいですね。

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、週6回編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

「コラム」 アクセスランキング (毎日6:00更新)