対戦国コロンビア料理を食べて、決勝トーナメント進出を応援!!【vol.1】

Fe93a49cbb0df93a0dd794773dc4bb96

いよいよ開催まで半年を切った2014年ワールドカップブラジル大会。先日、日本代表の1次リーグの対戦相手がコートジボワール・ギリシャ・コロンビアに決定。いずれの国も世界ランクでは日本より格上なものの、優勝経験のある超強豪は不在で日本にはラッキー(?)ともいえる組み合わせとなったようです。 「敵を知るには食」からということで対戦国の料理の情報をシリーズでお届けします。第1弾は、3戦目の相手・コロンビアの料理です!!

まずは、敵情視察。コロンビアって、どんな国?

コロンビアは、南米大陸の北西部に位置する国です。南東の国境は開催国ブラジルに接し、北はカリブ海、西は大西洋に面しています。首都はボゴダ、公用語はスペイン語で、人口はラテンアメリカではブラジル、メキシコに次ぐ第3位の4500万人となっています。気候は赤道上に位置するため基本的には熱帯ですが、海沿いやアンデス山脈の高度によってさまざまです。

代表的な特産品は、コーヒーやジャガイモ。また、世界一のエメラルド産出国としても有名です。かつては治安の悪さが指摘されていましたが、最近では豊富な大自然や多様な文化・芸術遺産、そして黄金卿エルドラド伝説の舞台として観光地としても人気が出てきています。

気になるコロンビア代表って、どんなチーム?

コロンビア代表チームは、W杯には4大会ぶりの出場ながらも、難敵揃いの南米予選を2位で通過しました。世界ランクは、最近3年で48位から4位まで急上昇!技術に優れた選手が多く、攻守にバランスのとれた成長著しいチームです。

注目選手は、共にフランスリーグ・モナコに所属するエースFW・ファルカオ選手とMF・ロドリゲス選手。日本代表の長友選手が所属するセリエA・インテルの同僚であるグアリン選手も侮れない存在です。

1次リーグでは一番の強敵と予想されるコロンビア。なおかつ、日本代表はW杯で未だ南米のチームに勝利したことがありません。対戦するのは3戦目なので、それまでに決勝トーナメント進出を決めておきたいですね。

皆でコロンビア料理を食べよう!そして、日本代表を応援しよう!!

コロンビアの料理には、もともとの先住民の文化に加えて、植民地時代に移り住んだスペイン人・アフリカ人の文化が大きく影響しています。具体的には先住民が根菜とフルーツ、スペイン人が肉とスパイス、アフリカ人が揚げ物とスイーツをそれぞれ持ち込み、これらが混ざり合って独自の食文化が構築されています。代表的な3つの伝統料理ご紹介します!

家庭料理の鉄板「アロス・コン・ポーヨ」

「鶏肉入りご飯」という名のコロンビアで最もポピュラーな家庭料理です。コロンビアの他、スペインやラテンアメリカの国々でも親しまれています。鶏肉の代わりに牛肉や魚介類を使ったり、スパイスにクミンやコリアンダーを加えたりと家庭によってさまざまアレンジを楽しんでいるようです。

鶏の炊き込み風ご飯 (コロンビア料理) by principito
◎話題入り感謝◎ 簡単にフライパンで。もちろん炊飯器でも。(arroz con pollo)

コロンビア伝統のスープ料理「アヒアコ」

ジャガイモをとろけるまで煮込み、鶏肉やとうもろこしを加えて作るアヒアコ。本場コロンビアでは、「メークイン」「男爵」じゃがいもの原種「アンデス」の3種を贅沢に使うそうです。

アヒアコ(コロンビア版クリームシチュー) by BP×LBFF
コロンビアを代表する伝統料理アヒアコ。 日本人の味覚に合わせた、コロンビア版クリームシチュー

揚げ餃子風料理「エンパナーダ」

トウモロコシの粉で生地を作るエンパナーダ。コロンビアでは朝も昼も夜も食べることがあるという国民食です。具材は挽肉やミートソースなどさまざま。サルサソースで頂くのが通なようです。

Empanada de carne by willan
トマトとひき肉の相性抜群のエンパナーダです(^_^)

いかがでしたか?全部食べるとしたら、すごいボリュームになりそうですね。
コロンビアとの対戦は、2014年6月25日午前5時(日本時間)です。がんばれ!ニッポン!!

(TEXT:中本タカシ/ライツ)

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、週6回編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

「最新トピックス」 アクセスランキング (毎日6:00更新)