ベタベタせず食べやすい!「白い大学いも」がクセになる食感

ベタベタせず食べやすい!「白い大学いも」がクセになる食感

今年は少し変わった「白い大学いも」に挑戦

大学いもといえば、あめ色の蜜がたっぷりからまったものを想像しますね。子どもが食べると口のまわりがベタベタに……と想像し、苦笑いするママもいるかもしれません。今回は、そんな一般的なイメージとは違う、粉ふきタイプの「白い大学いも」をご紹介。 作るのも難しくなく、口も汚れないので、小さなお子さんをお持ちのママも気軽にトライしてみましょう。

常温の油から揚げよう

鍋に油とさつまいもを入れて揚げ、油をきります。鍋に砂糖と水を入れて熱し、あめ状になる前に、熱々のさつまいもを加えます。 鍋をゆすって砂糖が粉化したら完成。

サクサク結晶・白い大学芋。 by ∴nico
話題入り感謝♪飴状ではないサクサク。ウチの定番は粉ふき。べたつかないので食べやすい。分量作りやすく見直しました。

ベタベタしない!と喜びの声

つくれぽ(つくりましたフォトレポートのこと)にも「粉ふきがベタベタにならなくてとってもいい!」「屋台で売ってるおさつスティックみたい!」など、ベタベタせず食べやすい大学いもが大好評!子どものおやつやお弁当にしたという声も多く寄せられています。

94d99ea70221a9daa86c60b18a5c822d

サクサク食感と白い粉ふきの見た目で、家族もびっくりしますね。こんな大学いも見たことない!と食卓が盛り上がります。今年の秋は少し変わった「白い大学いも」を作ってみてください。(TEXT:菱路子)

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、週6回編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

「きょうのごはん」 アクセスランキング (毎日6:00更新)