関東より関西のほうがだしがきいていると言われる理由

関東より関西のほうがだしがきいていると言われる理由

うどんや味噌汁など、様々な料理で使われているだしですが、実は地域によって味が違うことを知っていますか?

中でも「関西のだしは関東のものに比べてよくだしがきいている」と昔からよく言われています。

果たして、これは本当なのでしょうか。

旨味成分は関西より関東のだしのほうが多い!?

関西のだしが利いている理由としてまず考えられるのは、旨味成分である「グルタミン酸」や「イノシン酸」が多く含まれているのではないか、ということ。

しかし、グルタミン酸とイノシン酸の濃度から計算したy値を比べると、関西のだしの方が関東のだしに比べて低かったのです[※1]。

この結果だけを見ると、実際にだしがきいているのは関東のものということになりますよね。

では、なぜ「関西のほうがだしがきいている」と言われるのでしょうか。

関東より関西のだしの方がだしが利いている理由

実は、その理由は「香り」にあります。

関西のだしは薄口醤油と食塩で味付けをしているため、醤油の香りに比べ、だし本来の香りが強く残ります。

一方で関東のだしは食塩を使わずに濃口醤油で味付けをするため、醤油の香りがだしの香りに比べて強くなってしまうんですね。

このため関西では、鰹節や昆布といっただしの香りが、醤油の香りに消されることなく、そのままの姿で食卓に並んでいるのです。

関西のだしが関東のものに比べてきいていると言われるのは、だし本来の旨味ではなく、香りからくる印象やイメージ、ということになるでしょう。

普段、関東の作法でだしを作っている方は、たまに関西を真似てみるとまた違っただしの旨味を味わえるかもしれません。

参考 ※1: なぜ関西の料理は薄味で薄色なのか


著者:味博士

9b2f5327699a1aa48c660deeff59d0b4 味覚研究家。AISSY株式会社代表取締役社長 兼 慶応義塾大学共同研究員。味覚を数値化できる味覚センサーを慶大と共同開発。味覚や食べ物の相性の研究を実施。メディアにも多数出演。ブログ『味博士の研究所』で味覚に関するおもしろネタを発信中。

味博士のキッチン
当コンテンツをご覧頂き有難うございます。 味博士で御馴染のAISSY株式会社(http://aissy.co.jp/ajihakase/index.php)で代表取締役を務める鈴木でございます!...
クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、週6回編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

「コラム」 アクセスランキング (毎日6:00更新)