cookpad news
お弁当レシピ

縁起の良い見た目を楽しんで!「市松模様」のお弁当レシピ集

新年最初のお弁当は、市松模様にチャレンジ

市松模様は「柄が途切れず続いていく」ことから、繁栄を意味する縁起が良い模様として古来より親しまれ、2020年の東京オリンピックエンブレムにも採用されています。2020年1月最初のお弁当は、この市松模様を取り入れてみませんか?今回はさまざまな食材で市松模様を表現したお弁当向けレシピをご紹介します。

ご飯、おかず、デザートも

拍子木に切った野菜を組み合わせて肉で巻く、りんごの皮を格子状に向くなど、巧みに市松模様を表現したレシピを集めました。四角く切った海苔を並べた「市松のり弁」はご飯と海苔があればすぐにチャレンジできますね。

のり弁

肉巻き

ちくわきゅうり

カニカマきゅうり

りんご

お正月が過ぎても、季節を問わずお弁当のアクセントになる市松模様。冬休みの間にレシピを見てイメージトレーニングしておくと、スムーズに作ることができそうです。縁起のいい模様を取り入れたお弁当で、新しい年も元気に過ごせるといいですね♪(TEXT:菱路子)

「お弁当」の基本ルール

  • 水分が少ないおかずを選ぶ
  • おかずの味つけは濃いめにする
  • おかずは十分に加熱調理する
  • 作りおきおかずは、詰める前にレンジで再加熱&冷ましておく
  • おかずやご飯は、しっかり冷ましてから詰める
  • 素手ではなく、清潔な箸やスプーンで詰める
  • 持ち歩く際は、保冷剤や保冷バッグを利用する

おすすめ記事