cookpad news
メインおかず

野菜の使い切りにも最適♪3回楽しめる「ラタトゥイユ」のアレンジレシピ【ミニマム調理おかず特集 Vol.1】

毎日、料理を続けることはとっても大変。そこでおすすめしたいのが、1品作ったらこれをベースに複数の料理へ展開する「ミニマム調理」という考え方。クックパッドで人気のレシピ作者・アンバサダーの皆さんに知恵をお借りしました。

野菜不足を補う「ラタトゥイユ」をベースに2品展開!

毎日三食分をイチから用意するのは大変! 1品作ってそれをアレンジして次の食事に展開できると、調理時間が短縮できてとても便利ですよね。

「ミニマム調理おかず特集」第1回は、クックパッドのアンバサダーとして日々レシピを投稿しているほか、ベジフルビューティーセルフアドバイザーとしても活動する、Y’sさんオススメのレシピとアレンジ術をご紹介します。

ベースのレシピ

ベースとなる料理は「ラタトゥイユ」。臨時休校でお子さんがご自宅にいる状況で、「給食で補えていた野菜を、自宅の料理でカバーするのが難しい」と感じている方も多いのではないでしょうか。

ラタトゥイユなら、不足しがちな野菜がたっぷり取れるし、お子さんでも食べやすい味付けなので、喜んでもらえるはず。夏野菜を使ったラタトゥイユが定番ですが、今の時期ならアスパラガスやたけのこ、人参やごぼうなど、春の旬野菜を入れてもおいしくできそうです。


展開レシピ2品

そして、たくさん作ったラタトゥイユをベースに、「ナポリタン」と「ピザトースト」へとアレンジしてみるのはいかがでしょうか。

初日は夕食の副菜としていただき、次の日のランチにナポリタン、また次の日の朝食にピザトーストと展開していけば、ご家族も食べ飽きることなく満足してくれそうですよね。

(1)パスタと絡めるだけで手軽に贅沢「ナポリタン」

(2)ちょっぴり残ったラタトゥイユで大満足「ピザトースト」


外出を控えていたり、お子さん連れで買い物に出かけるのが大変だったりすると、つい一度にたくさんの野菜を仕入れがち。でも意外と使い切れずに困ってしまうケースもあります。そんな時は、ぜひ冷蔵庫の残り野菜も活用して、オリジナルのラタトゥイユを作って楽しんでみてくださいね。

シェアする