cookpad news
メインおかず

時短&野菜不足をカバー!3回楽しめる「ポテト玉」のアレンジレシピ【ミニマム調理おかず特集 Vol.3】

毎日、料理を続けることはとっても大変。そこでおすすめしたいのが、1品作ったらこれをベースに複数の料理へ展開する「ミニマム調理」という考え方。クックパッドで人気のレシピ作者・アンバサダーの皆さんに知恵をお借りしました。

料理の時短と野菜不足を補う「ポテト玉」をベースに3品展開!

毎日三食分をイチから用意するのは大変! 1品作ってそれをアレンジして次の食事に展開できると、調理時間が短縮できてとても便利ですよね。

「ミニマム調理おかず特集」第3回は、丁寧な料理の作り方や解説に定評のある、クックパッドのアンバサダー・ゆぅゅぅさんオススメのレシピとアレンジ術をご紹介します。

ベースのレシピ

ベースとなる料理は野菜玉の一種「ポテト玉」。臨時休校でお子さんがご自宅にいる状況で、「少しでも料理の時間を減らしたい」と感じている方も多いのではないでしょうか。

今回ご紹介するポテト玉は、じゃがいもがベースなので子どもも喜んで食べてくれそう。また、冷凍保存ができるため、大量に作ってストックできることも嬉しいポイントですね。


展開レシピ3品

そして、たくさん作ったポテト玉をベースに、様々な料理へとアレンジしてみるのはいかがでしょうか。

初日は副菜としてポテトサラダでいただき、次の日の朝食にポタージュスープ、お弁当やおやつとしていも餅にとアレンジしていけば、ご家族も飽きることなく満足してくれそうですよね。

(1)お好みの具材と混ぜ合わせるだけ「ポテトサラダ」

(2)レンジだけで簡単に作れる「ポタージュスープ」

(3)子どもも喜んでパクパクと食べられる「いも餅」


野菜玉は、一度に仕込んでおけば、様々な料理にアレンジすることができます。ゆぅゅぅさんは、キャベツ・人参・玉ねぎで作る野菜玉も紹介しているので、合わせてチェックしてみてください。

野菜不足の解消に!カラフルな「野菜玉」

野菜玉にフルーツを足して簡単「スムージー」

時短と野菜不足の解消を同時に叶えてくれる「野菜玉」。一度に仕込んでおけば、様々な料理にアレンジすることができるので、ぜひ活用してみてください。

シェアする