おいしいレシピは共有し合おう!ミシュラン1つ星店「sio」の鳥羽周作さんが教える“おうちで作れる絶品ごはん”

おいしいレシピは共有し合おう!ミシュラン1つ星店「sio」の鳥羽周作さんが教える“おうちで作れる絶品ごはん”

食通が足しげく通う、東京・代々木上原のフレンチレストラン「sio」。自粛期間中にもSNSを使ったレシピの無料公開や、日替わり弁当を販売するなど、多くの人に「食」の楽しみを届け続けています。そこで今回は「sio」のオーナーシェフ・鳥羽周作さんに、おうちでできるおいしいごはんの作り方について聞いてみました。

プロの味がおうちで楽しめると話題に!

――SNSにレシピを公開しようと思ったきっかけは何ですか?

プロの料理人の中には「簡単に手の内を明かすわけにはいかない」と自分のレシピを公開しない人もいますが、僕たちはむしろ届けていきたい!おいしいものはたくさんの人と共有したいという思いが強いんです

だから、新型コロナウイルスの影響で自粛が始まったときも、おうちにいる人がもっと「食」を楽しめる方法はないかなと考えて、オリジナルのバインミーを販売したり、SNSで「#おうちでsio」という企画を始めて、唐揚げやハヤシライスなどのレシピを投稿しました。

フレンチシェフが作る「唐揚げ」が好評

――フレンチのシェフなのに「唐揚げ」のレシピを紹介していたのが意外でした!

「sio」はフレンチ料理店ですが、自分たちの趣味趣向で料理するのではなく、食べてくださる方が喜んでくれるのがいちばんだと思っています。それ以外に僕が料理をする理由はありませんから。

提供するレシピに「唐揚げ」を選んだのもそういう理由です。朝・昼・晩と3食作るのが大変で1食くらいラクしたいと思っているお母さんや、今回の自粛を機に自炊を始めた人、ふだん料理をしている意識高い人、あらゆる人たちが簡単に早く作れる料理、しかも近所のスーパーで手に入る食材で作れるものを提供したいと考えたときに、メニューは「唐揚げ」や「親子丼」「ハヤシライス」など、みんながわかりやすくて好きなものを作ったほうがいいと思ったんです。

おうち料理とお店料理の違い

――レシピに親しみやすい家庭料理が多かったのはそういう理由なんですね。

はい。いくらレシピを提供しても、わからない料理や作れないものだったら意味がないですからね。おうちで作る料理に「贅沢」はいらないんですよ。家で頻繁に「フレンチ料理」や「うなぎちらし」を作るかといえば、そうじゃないですよね。毎日食べるものがちょっとおいしくなる、そういう贅沢でいいんです。そうじゃないと料理って毎日のことだから、続けるのが苦しくなってしまう。

そういう意味では今回僕たちがお届けした「唐揚げ」のレシピは作り続けやすいし、いつも食べている唐揚げの景色を変えることができたのではないかと思います。難しい工程は一切なく、お肉を50gずつ切って、揚げ時間の法則「3:3:1」(3分揚げて、3分休ませて、仕上げに1分揚げる)に変えるだけでおいしく食べられるんだったら、またやりたいって思ってもらえるじゃないですか。そうやって自分のレシピをわかりやすく言語化することで、多くの人が喜んでくれるなら、今後もどんどんその知識や技術をみなさんと共有していきたいと思っています。

僕らはあくまで「幸せの分母」を増やしていきたいだけなので、食を通して喜んでくれる人がいるなら、その形態はSNSでも、テイクアウトでも、お店でもなんでもいい。お客さんのためになるかならないか、それだけ。その2択しかないですね。

4e456cd6d5b5e4b2a1e67b843548d8b1

おいしい!「お米の炊き方」とごはんものレシピ

――「#おうちでsio」の中からおすすめのレシピを教えてください。

「唐揚げ」「酢豚」「無限パスタ」など、どれもおいしいのでひとつに絞るのは難しいですが、今日すぐにでも試していただけるのは「ご飯もの」かなと思います。
とくに、お鍋で炊くおいしいお米の炊き方を投稿した際は「こんなおいしいお米を食べたのは初めて!」というリプライをもらいました。このお米でハヤシライスや親子丼を食べたら最高ですよ! ハヤシライスは10分で作れますし、親子丼も鶏の缶詰をを使うので簡単。仕事から帰ってからでもすぐに作れる手軽さを意識しました。

おいしいご飯の炊き方

ハヤシライス

親子丼

そして、お米つながりでいえば、チャーハンもおすすめです。おいしいチャーハンは火力がないと作れないという、これまでの概念を覆すチャーハンになっています。ポイントは「お米」。まず、お米に油と鶏出汁、しょうゆを入れて炊くんですよ。その出来上がった鶏出汁ピラフでチャーハンを作ると、パラパラのおいしいチャーハンができあがります。

チャーハン

幸せの分母を増やすために…

――今後、鳥羽さんが新たに挑戦したいことはありますか?

今回の新型コロナウイルスの問題で、飲食店のあり方や料理の価値について改めて考えました。料理って皆が日常の中でやっていることだけど、僕たちはプロとして何ができるのかをしっかり考えていかなければいけないと思っています。そのときに、世の中の声にどれだけ耳を傾けられるかが大事。ただ自分のお店が潤うために新しいことを始めても、これからの時代は生き残っていけません。「俺、かっこいいでしょ?」みたいな人って意外とモテないのと一緒です(笑)。

だから、今後は食を通してもっと多くの人に楽しんでいただけるようなことを考えていきたい。形式や格式にとらわれないファミリーレストランのようなお店を作って、なるべく多くの人に「食」で幸せを届けられたらいいなと思っています。

(TEXT:河野友美子)


やさしいレシピのおすそわけ #おうちでsio(小学館)

07bf23c4d3ef71624e45cac13374545b

「ミシュランガイド東京2020」で1つ星を獲得した代々木上原のレストラン「sio(シオ)」のオーナーシェフ・鳥羽周作氏がステイホーム中の方々のために看板メニューのレシピをTwitterで公開した「#おうちでsio」。

瞬く間にSNSで大ブームとなり、「スッキリ」などメディアで多数紹介されています。

この度、Twitterでバズった公開レシピに、さらに書籍オリジナルのレシピも加えて1冊にまとめた料理本が、小学館から発売されることが決定しました!

Dc830357b6ff0a24d323826fcb2f69fd

本書のポイント1

料理初心者向けに考案!家庭で出来るプロの味!!

レストラン級の味を料理初心者の方でも再現できるように、超簡単なステップで紹介。書籍ではTwitterで入れることが出来なかったコツやポイントも詳細に説明しているので、わかりやくなっています。

本書のポイント2

コンビニのパンや惣菜が大変身!?鳥羽氏オリジナルアレンジ!

お店の再現メニューだけでなく、コンビニで売っているパンや総菜をさらに美味しくするアレンジレシピも収録しています。料理嫌いも絶対試したくなるはず!

>>ご購入はこちらから


鳥羽 周作(とば・しゅうさく)

04a50dbda60efa57735601105b6e6a44 1978年5月5日生まれ。
サッカー選手、小学校教員を経て、32歳で料理の世界に飛び込んだ異色の経歴の持ち主。
「DIRITTO」「Florilege」「Aria di Tacubo」などで研鑽を積み「Gris」のシェフに就任。
2018年7月、オーナーシェフとして自身のすべてを出し尽くしたレストラン「sio」をオープン。
緊急事態宣言後に、お店のレシピを公開したことがきっかけとなり、2020年9月28日に初のレシピ本『やさしいレシピのおすそわけ #おうちでsio』を出版。
>>sio 公式HP
>>Twitter
>>note

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、毎日編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

おすすめ記事

    「コラム」 アクセスランキング (毎日6:00更新)