cookpad news
裏ワザ

元ステーキ職人が伝授!甘すぎてビックリする「ピーマン」の焼き方を試してみた

子どもの頃にピーマンの苦味が苦手だった人も多いのでは? 大人になった今ではすっかり平気でも、お子さんにもおいしく味わってほしいですよね。そこでオススメなのが、甘すぎてビックリする「ピーマン」の焼き方です! 元ステーキ職人が伝授する焼き方を、さっそく実際に試してみましたよ。

「アルミホイル」で包むだけで…!?

.ちょっと大きめのピーマンが手に入りました。

.ピーマンをアルミホイルで包むのが、今回のポイントです。フライパンで中火にし、全体に熱が通るようにときどき転がします。やがて“シュー”という音が聞こえてきました。これはピーマンから出ている水蒸気の音なのだそう。

はたして味は…?

アルミを広げてみるとおいしそうな香りとともに、しんなりとしたピーマンの登場です! さっそく味見してみましょう。

本当に甘みがすごい! ピーマンの苦味をまったく感じません。しょう油をつけて丸ごとかじると、ジューシーな甘みと塩気が混ざり合って、どんどん食べたくなるおいしさ!なるほど、これならお子さんも安心して楽しめますよ〜。

「ピーマン」が甘くなる焼き方

こんなにもピーマンを丸ごと食べたくなったことって、過去にないかも。熱々のうちに一気にいただいてしまいました。家でもキャンプ気分を楽しめる焼き方を試して、バーベキューのような食事を味わいましょう!(TEXT:八幡啓司)

おすすめ記事