黄身がきれいに!おばあちゃんが教える「ゆで卵」の作り方

黄身がきれいに!おばあちゃんが教える「ゆで卵」の作り方

色も味も◎とろとろ半熟卵

キレイな黄色の半熟卵。ゆですぎてしまったり、反対に生に近い仕上がりになってしまったり、うまく作るのは難しいもの。また折角きれいにできても、殻をむく時に失敗なんてことも ありますよね。そんなゆで卵のお悩みはこのレシピで解消します!

時間きっちりがコツ

ポイントは時間をきっちりと図ること。表記の時間をしっかりと守ることが、ゆで過ぎや加熱不足を防いでくれるので、キレイな黄色に仕上がりますよ。冷ます時間も測ることで、ちょど良いタイミングで皮をきれいに剥くこともできます。

※たまごは賞味期限内の、10℃以下できちんと保管されたものを使ってください。加熱後は冷蔵庫に入れ、できるだけ早めに食べるようにしましょう。

おばあちゃんのゆで卵*黄身が綺麗なゆで卵 by Akicocoaki
祖母から教えてもらった黄身が綺麗なオレンジ色になるゆで卵です。 固茹ででも半熟でもない程よい美しさ。殻を綺麗に剥くコツも

きれいにできた!の声が続々

つくれぽ(みんなの作りましたフォトレポートのこと)にも、「綺麗な黄身に仕上がり嬉♡リピします♬」「これからはこのレシピでゆで卵作ります!」など、レシピのたまごのゆで方を絶賛する声がたくさん届いています。

267ae60b84cb3db0bab17d83d1aa972d

時間をしっかりと管理できれば、難しいテクニックはなくてもきれいなゆでたまごを作ることができるのですね! ぜひトライしてみてくださいね。(TEXT:永吉みねこ)

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、毎日編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

おすすめ記事

    「裏ワザ」 アクセスランキング (毎日6:00更新)