cookpad news
コラム

揚げないから簡単!サクッじゅわウマ「油淋鶏」【学生筋肉料理人・だれウマさんの失敗知らずの悶絶レシピ vol.2】

YouTubeチャンネル登録者数50万人超えの学生筋肉料理人・だれウマさん。2020年9月に、自炊が苦手な人も失敗が少なく、おいしく作ることができるレシピを100品紹介した新刊『悶絶ずぼら飯』(扶桑社)を出版されました。本連載では、本書からだれウマさんが特におすすめするレシピをピックアップし、悶絶ポイントの解説コメントとともにお届けします。

ネギたっぷりのタレでごはんがススム! 「油淋鶏」

揚げ物って、すごくおいしいですが、やっぱり色々と面倒なことが多くて、あまりおうちで作るのは気がのらなかったりしますよね。

でも、このレシピなら大丈夫。面倒なことは全部割愛しています。それでも、多少の時間はかかるので「もうちょっとでご馳走が食べられるんだ」と気分を上げてもらうために、YouTubeの動画では、肉の漬け込み時に「フリフリダンス」を披露して、みなさんにもマネしていただきたかったのですが、これはあまり評判がよくなかったですね(笑)。

もちろん、料理自体は「タレがやばかった」「想像以上に肉が柔らかかった」「ずぼらな私でも、これならつくる気になれる!」など、ご好評をいただいています。(だれウマさん)

レシピの3つのおすすめポイント

揚げなくていい!

揚げ物はおいしくてみんなが大好きなメニューですが、いざ自分で作るとなると大変ですよね。でも、このレシピでは少量の油で揚げ焼きにして調理するので、油の後処理などの面倒な作業は必要ありません。

漬けておく時間はたったの5分!

下準備に必要な時間がたったの5分なところも魅力のひとつ。すべての材料をポリ袋に入れて、冷蔵庫で冷やしておくだけという簡単な工程です。

調理器具はフライパンのみ!

このレシピで使う調理器具はフライパンだけ。これなら洗い物も少なくてすみますね!

「油淋鶏」の作り方 

材料で必要となるニンニクとショウガはチューブのものでも大丈夫ですが、生のすりおろしを使用するとより本格的に仕上がります!

材料

鶏もも肉……1~1/2枚(250〜350g)

【A】
しょうゆ、酒……各大さじ1
砂糖……小さじ1
おろしニンニク(チューブ)……3センチ
塩コショウ……4ふり

【B】 
長ネギ(みじんぎり)……1/3本分
おろしショウガ(チューブ)……3センチ
しょうゆ、酢、砂糖……各大さじ1
白だし、ごま油……各大さじ1/2

【C】
片栗粉……大さじ3
小麦粉……大さじ1

サラダ油……適量

作り方

1. 下準備

鶏肉はひと口大に切ってポリ袋に入れ、Aの材料を加えてもみ込み、約5分置く。

ボウルにBを入れて混ぜ、冷蔵庫で冷やす。

2. 焼く

1の袋にCを加えて振り混ぜる。フライパンの全体に行き渡るぐらいたっぷりのサラダ油を引く。鶏肉の皮目を下にしてぎっしり並べて中火にかけ、両面をきつね色になるまで焼き、中まで火を通して油をきる。器に盛り、1で冷やしておいたBをかけて完成。

作り方動画


だれウマさんの悶絶のこだわりポイント

皮目をパリッと仕上げる

中火でじっくり焼き、皮目をパリッと仕上げるのが、おいしさのポイントです。あと、フライパンにギュウギュウに鶏肉を敷き詰めることで油のかさを増しをして、少ない油で揚げ焼きすることができますよ。加熱し始めたら衣がはがれないよう、鶏肉に触らないようにしてくださいね。

だれウマさんの最新著書

悶絶ずぼら飯』(扶桑社)

初著書が8万部を超えるベストセラーとなった人気ユーチューバー・だれウマのレシピ本第二弾は「見るだけで作れる」がテーマ。料理工程をすべて写真に落とし込んでいるので、説明文を読まずとも作れちゃいます。
※文字での説明の方がわかりやすいという方のために、もちろん説明文もしっかり入っておりますので、ご安心を。

初心者でも、ずぼらさんでも大丈夫! だって、すべてが手抜きだから!!
がっつりおかずから愛しのデザートまで、悶絶するほど「やばい新作レシピ」を収録!

全国の書店やオンラインストアで好評発売中。>>>購入はこちら

だれウマ/学生筋肉料理人

筋トレが大好きな料理研究家。チャンネル登録者数53万人を誇る自身のYouTubeチャンネル「だれウマ/学生筋肉男飯」で日々料理動画を配信中。初著書は、8万部を超えるベストセラーとなる。

【ブログ】だれウマ ブログ
【Instagram】dareuma_recipe
【Twitter】@muscle1046
【YouTube】だれウマ/学生筋肉男飯

おすすめ記事