cookpad news
コラム

【お腹ぽっこりを解消】50歳を過ぎても体脂肪率10%の名医が教える「内臓脂肪」を落とす方法とは?

【話題のダイエット本、試し読み Vol.1】ちまたに溢れるダイエット本、ゴールはみんな同じですが、そこにたどり着くための方法は本の数だけ存在しています。本連載では、話題のダイエット本のメソッドを編集部がダイジェストでご紹介。ご自分にぴったりのダイエット本を、ぜひ見つけてみてくださいね。

お腹ぽっこりを解消!内臓脂肪を落とす「池谷メソッド」

突然ですが、ご自分のお腹に手を当ててみてください。「ぽっこり」した感触はないでしょうか。 ぽっこりと出たお腹だと、タイトなTシャツやスカートがかっこよく着られず、なんとかしたいと感じている方もいらっしゃることでしょう。しかし、腹筋運動を頑張っても、なかなかすぐにはへこんでくれませんね。

今回ご紹介する本『50歳を過ぎても体脂肪率10%の名医が教える 内臓脂肪を落とす最強メソッド』(東洋経済新報社)の著者、医師で医学博士の池谷敏郎先生もかつて、お腹ぽっこり体型だった一人。36歳のころは体重が79kgあり、ご本人いわく「立派な中年体型を誇っていた」そうです。

当時は何を着てもいまいちパッとしない印象で、外に出かけたり、人前に出ることに消極的だったとか。人生を半分あきらめていた、と振り返っています。

その後、独自のメソッドに基づき、食生活や生活を改善。15kgの減量に成功し、体脂肪は56歳を迎えた時点でも10.6%と、引き締まった体をキープしているというから驚きです。

スリムになった今ではおしゃれも楽しめて、実年齢より若くみられることも多く、人生が楽しめるようになったそうですよ。

かつての池谷先生も陥った「お腹ぽっこり」の正体は、内臓脂肪の蓄積によるもの。 本書は、池谷先生が実践した、内臓脂肪を減らすダイエットメソッドを大きく「究極のシンプル食事」「1回5分の体操」「最高の生活習慣」の3つに分けて掲載。今回はこの中から、プチ糖質制限の方法、ダイエット中に食べたいスーパーフードを使ったレシピ、簡単にできるゾンビ体操について、紹介します。

厳しくないから続けられる「プチ糖質制限」

医師として、肥満に悩む多くの患者さんを見てきた池谷先生は、ご飯やパンなどの糖質を食べ過ぎの人が多いと感じ、誰でも無理なく実践できるプチ糖質制限を勧めています。

取り込んだ糖質が体内で余ってしまい、中性脂肪に変わって体内に溜め込まれるのを、糖質を制限することで防げるのだそうです。

また、糖分の摂り過ぎでエネルギー過剰摂取となり、インスリン(別名 肥満ホルモン)が分泌されて脂肪が蓄積されることも防げます。

プチ糖質制限のメリットとして、
・カロリーをあまり気にしすぎずに済むこと
・外食やコンビニエンスストアで買ったものでも手軽に実践できること
・おやつやお酒も適度に楽しめる
ことを挙げています。

なお、完全に糖質を抜くのは、 体に負担がかかるのでNG。まずはご飯やパンなどを今までの半分に減らすこと、とアドバイスしています。

さらに本書の中では、食べ過ぎを避けた方がよい糖質の多い食材、プチ糖質制限中に食べたほうがよい食材のリストなど詳しく載っていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

99d66396dda72e873f85bc4502ed79ab 本書の中では「食べても太りにくい時間」も紹介されています!

身近な「スーパーフード」を料理に活用する

本書の中では、内臓脂肪を落とすために強力なアシストをしてくれる「スーパーフード」を5つ紹介しています。その中の1つが、健康的な食材としてブームにもなったさば水煮缶。さばに含まれるDHA、DPAには脂肪を燃やす効果があるそうで、おすすめのレシピとして、さば缶と野菜のトマトソース煮込みが紹介されています。

作り方は至って簡単。フライパンにオリーブオイルを熱し、食べやすく切ったキャベツと玉ねぎを炒めます。市販のトマトソースとさば水煮缶を加え、5分ほど煮れば完成です! 茹でたブロッコリーや粉チーズをトッピングすれば、さらに食べごたえもアップしますよ。ご飯にもお酒のおつまみにもぴったりな簡単メニューなので、プチ糖質制限をスタートする際におすすめです。

運動嫌いな方や高齢者もできる「ゾンビ体操」

食事だけのダイエットでは締まった体は作れないため、適度な運動も大事。本書では、プチ糖質制限をメインとした食事法の他に、生活習慣の改善方法やオリジナルの「ゾンビ体操」のやり方が紹介されています。

「ゾンビ体操」は足踏みをしながら手を動かす、ゾンビのような動き方の体操で、器具もなく室内でできるのでとても簡単! 実際にやってみると、すぐに体がポカポカと温まりましたよ。池谷先生のYouTubeではゾンビ体操の動画もあるので、チェックしてみてくださいね。

薄着になる前に、内臓脂肪を落とそう!

今回は「池谷式ダイエット方法」をダイジェストでご紹介しました。ダイエットは辛いものというイメージがありましたが、本書は「糖質に気をつけて、生活を少し変えるだけ」という、取り組みやすいダイエット方法のように感じました。

コロナ禍でスポーツジムにもなかなか行きづらい昨今、おうちで簡単に実践できるダイエット方法はありがたいですね。

厳しい寒さのピークは過ぎ、暖かい日差しを浴びて薄着になる春はもうすぐ。今からプチ糖質制限やゾンビ体操を始めれば、春になる頃には少しずつ体の変化を感じられるかもしれません。

ぽっこりお腹に悩んでいる方は、ぜひ参考になさってください。

画像提供:Adobe Stock

50歳を過ぎても体脂肪率10%の名医が教える 内臓脂肪を落とす最強メソッド』(東洋経済新報社

テレビで大人気の名医が、自身も15キロ以上の減量に成功した「究極の方法」を初公開!
「えっ、こんなに簡単?」
「同世代よりも若く見られる」
「体の調子も良くなった」
「毎日が楽しくなった!外出する機会が増えた!」
と実践した人から感謝、共感、絶賛の声、続々。
読めば、お腹が凹む!あなたの人生も変わる!
この本で、「スリムで健康な体と心」を手に入れましょう。

>>ご購入はこちらから

シェアする