cookpad news
コラム

わずらわしいあの手間を解消!お菓子作りに便利な「神アイテム」

【キッチンアイテムお試しレポートVol.1】キッチン大好きなライターが、たくさんの便利なキッチンアイテムをお試し! 実際に使って、本当に良かったものだけを厳選し、みなさんにシェアする気持ちで詳しくご紹介します。毎日のお料理のあの悩みが解消されるかもしれません!

あの手間を解消してくれる便利アイテム!!

こんにちは! キッチンアイテム大好きライターの菱と申します。一児の母をしながら、日々使いやすいキッチンアイテムを探している毎日です。実際に使って良かったものを厳選し、みなさんにシェアさせていただければと思っております!

初回は「計量グッズ」についてです。昔から使っているものをなんとなくそのまま使っている、巷ではたくさんの種類がありふれどれを選べば良いかわからない、計量する手間を少しでもラクにしたい…とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

まだまだおうち時間が続く今、あえて手間のかかるお菓子やパン作りがブームです。目分量でも一定レベルの仕上がりになることが多い日々のお料理とは違い、お菓子作りの重要なポイントは「レシピに示された分量をきちんと守ること」です。

通常なら、はかりや計量スプーンを使って丁寧に計量するところですが、省ける手間は少しでも省けると嬉しいもの。そんな気持ちから、ぜひ試してみていただきたい、おすすめの「計量グッズ」をご紹介します。

お菓子作りにはもちろん、日々のお料理にも。「計量グッズ」

ml、大さじ単位どちらもOK「ミニ計量カップ」

最初にご紹介するのは、ミニ計量カップです。上から目盛りが確認できるタイプの計量カップはさまざまなサイズがありますが、特にオススメなのが60mlのミニサイズ

目盛りをご覧いただくと分かりますが、この計量カップではml単位の他に、大さじ単位(tbsp)も量れるのです。牛乳大さじ3を量るときに、大さじ1を3回計量することを繰り返しますが、このカップでは「3」の目盛りまで牛乳を入れるだけでOK。計量時間が節約できます!

さらに、60ml/大さじ4までの計量がこれ1つで可能です。お菓子作りのほか、醤油、みりん、酒をそれぞれ量って合わせ調味料を作っておく、なんていうときにも便利ですよ。

粉類を少しだけ量りたいときに! 「スプーン型スケール」

次にご紹介するのはスプーン型のスケール(はかり)です。粉類をすくって、そのまま計量できる優れもの。これは生地の膨らみや発酵など、お菓子の仕上がりに大きな影響が出るドライイーストやベーキングパウダーなど、細かい単位で正確に量りたいに使っています。

使い方は簡単で、通常の大さじを量るときのように、スプーン部分で粉をすくい、平らなところに置くだけで、0.1g単位の重さが計量できます。

わざわざ粉類をすくうためのスプーンや、スケールを準備したり、その上に置く小皿などを使わずに、これ1つで計量ができます。使い終わったらスプーンの部分を外し、洗うだけで片付け完了なのも嬉しいポイント。キッチンにあるだけで安心感が違いますよ。

計量がラクになれば、お菓子作りのモチベーションが上がるかも!

お菓子作りは好きだけど、分量を量ることが苦手…という私と同じ悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。ご紹介したグッズがあればスムーズな計量が可能なので、「計量がラクだし、またお菓子を作ろうかな〜」という気持ちにもなり、お菓子作りのモチベーションが上がるかもしれません。

今年の春は家族で食べるチョコレートケーキを焼こうと考えていて、そのときにも大活躍してくれるだろうと思っています! みなさんもお菓子作りや日々のお料理まで、ぜひ、これらの計量グッズを試して、お料理を楽しんでくださいね。

菱路子

料理ライター兼会社員。2007年、ひとり暮らしスタートをきっかけにお弁当を作りはじめ、お弁当ブログを立ち上げる。これがきっかけとなり、料理・外食コラムやレシピ提案、料理写真撮影を手掛けるライターとして活動を開始。「手をかけすぎず、ちょうどよくおいしい」が料理のモットー。プライベートでは1児と1猫の母です。
【ブログ】曲げわっぱのお弁当ブログ wappa!
【クックパッド】wappaのキッチン

シェアする